”男カレー”に挑む!「カラスマオイケ・カレー カリカリ」





烏丸御池の交差点から、御池通りを1ブロック東へ入った雑居ビルの地下一階に、

「カラスマオイケ・カレー カリカリ」はあります。

といっても、なかなかの穴場感。ビル横の通りに、床屋さんの看板横に一風変わった

マークの看板が。ちょっとバットマンぽい。

「んーこれはカレー屋さん?」と一瞬では分かりづらい感じが興味をソソる。

ここで好奇心がムクムクとならない人は一生縁がないでしょう。

カラスマオイケ・カレー カリカリ地上
マークがかっこいい!
カラスマオイケ・カレー カリカリ外観
おわーなんか夥しいね。

好奇心の赴くままに、階段を下りていく。するとウネウネと地下道が曲がりながら、

やっとカレー屋らしき店を発見。「カラスマオイケ・カレー カリカリ」です。

看板の素晴らしいアートワークとはウラハラにものすごくダサい外観。

手書きのポップがもはや学園祭ノリです。

ちょっと、躊躇するも腹を決める。よし、今日のランチはここで心中だっ!!

カラスマオイケ・カレー カリカリ食券
なんかすごい装飾。裏DVD屋みたいだ。

と思ったのもつかの間、食券機に萎える。胡散臭いポップの嵐。

特に大きく、オシな感じがするボタンには「男」の文字が。

ここまでくると、「わかったわかった。そのノリ、合わせるよ!」とばかりに「男」ボタンを押す。

カラスマオイケ・カレー カリカリ店内

店内入ると狭いっ!

そしてどんだけイカツイ男クサい店主かと思ったら、もしやオネエ系?とも思えるタイプ。

が、とにかく笑顔で愛想がいいので取りあえず、ま、いっか。

言えば、制汗系のウェットティッシュ出すよ!的なポップなど店内相変わらず賑やか。

さて、いよいよもって「男」カレーとはどんなものなのか?

オイケカレー

はい、男カレーです。肉団子が10個ぐらい乗ってます。生卵も乗っています。

味は。。。ものすごく家庭の味です。やや酸味が強いかな。

不味くはない。でも市販のカレールーで作る家のカレーだなー。

「ジャワカレー」中〜大辛にちょっと酸味が足されたカンジ。

むしろ、外だけど家のカレー食べたい、って時にはかなりの再現度です。

 

そういえば、2日前に家でカレー食べたんだっけ。。

そしてこの日は月曜日。月曜日は生卵無料サービスデーだそうで、

だとしたら「男」カレーじゃなくて、「カレーライス(並)」でよかったのかもな。。

と、いろいろと選択をミスった自分に気づく。。

男としてまだまだ未熟な自分を思い知らされるカレーランチだったな。

 

あ、一つだけスッキリしたことが!

バットマンみたいなマーク、この店で使ってるミツマタスプーンがモチーフでした。

 

満足度 ★★★

カラスマオイケ・カレー カリカリ
京都府京都市中京区仲保利町191−4
075-211-3450

京都府京都市中京区仲保利町191−4


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です