寺町三条、昭和の定食屋「生そば常盤」





創業明治11年、京都、寺町三条にある「生そば 常盤」でランチ。

美味いか?と聞かれたら素直に、「そうでもない。。普通」と答えざるを得ないのだが、

お店の雰囲気はさすがのベテランだけあって、昭和真っ只中みたいで味わい深い。

まーこういう雰囲気が好きな人にはドハマりすることでしょう。

逆にきたない店はちょっと。。という人にはまったくおすすめできません。

生そば常盤外観

生そば常盤外観

メニューはとにかく豊富。そば、うどんは10種類以上、カレーライス、

焼き飯、天丼、親子丼、ハンバーグ、焼き魚定食、エビフライ定食、

なんでもござれ。全部で50種類ぐらいランチメニューがあります。

生そば常磐

今回は「日替わり定食」750円の「サバ塩焼き定食」を注文。

おわんをわんこそば、うどん、赤だしで選べるのがうれしい。

さらに昭和の面影か、のりたまふりかけが付いてくるのがおもしろい。

ま、味は例えて言うならば、工場系の社員食堂ですね。。

雰囲気好き、京都のもうひとつの歴史を感じたい人、とにかく安いランチで

そこそこお腹を満たしたい人、にいいかもしれません。

個人的には歴史は感じたいけど、もう少し店内きれいなほうがいいなー。

生そば常盤
京都府京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町523
075-231-4517

京都府京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町523


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です