定食価格でも品のある京都風ランチ「京極食堂 奈於」




新京極と裏寺町通りの間にある「京極食堂 奈於」でランチ。

外観はちょっとボロっちい。

京極食堂奈於外観

が、お店の中はけっこうきれいです。定食屋さんとはうたっていますが、中はちょっと、

小料理屋風だったりして落ち着きある店内。カウンター5席ぐらいとテーブル席が2卓ぐらい。

カウンターのうしろにはきれいなお皿が並んでいて、美しいです。

京極食堂奈於内観

木の雰囲気を生かした店内は気持ちいい。

お店の大将はなかなか年季の入った初老の方ですが、着ているTシャツがポップで、

案外、気持ちは若そう。店内は若いビジネスマン、そして観光に来た外国人2人組と、

かなりミックスな客層。さすが京都っすね。

ランチの定食メニューは850円均一で、唐揚げ、天ぷら盛合せ、豚の角煮、

アジフライ、白身フライと海老フライ盛合せ、サバの塩焼き、豚バラカツ、などなど。

肉、魚、天ぷら、フライ、とバリエーションも豊富でなかなかいいラインナップ。

何度か来たくなる。今回は豚バラカツ定食を注文。

京極食堂奈於ランチ

こちらが豚バラカツ定食。定食で初老の大将ってことで、もっとガツンとした感じを

イメージしていたら、意外にも小洒落てすらいる上品な感じ。

カツ、少ないなー。が、お刺身が付いてたり、ご飯お代わり無料だったりで、

こりゃ予想と反してたけど、むしろうれしい予想外!

京極食堂奈於ランチ

カツの衣もうすめの上品な感じ。いいじゃん!

が、食べるとほぼ脂身。。うーん豚バラとはいえ、もうちょっといいの使ってよ。

やっぱり京都で個人でお店だすと、原価抑えないとやっていけないのかなー。

料理の腕前は明らかに品がある。これは昔は和食のお店でやってたとか?

と、なかなか賛否が分かれるお店な気がするが、もっと気になるのは、

2016年3月下旬に行ったら、店主、体調不良でしばらく休むとのこと。

ぜひ早く復活してほしい。

。。。とその後、久々に行ったら復活してました。一安心。

京極食堂 奈於
京都府京都市中京区新京極通四条上ル中ノ町
075-221-1995

京都府京都市中京区新京極通四条上ル中ノ町


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です