河原町四条でおトクに家庭料理の洋食を「ボントン」





四条烏丸、または河原町から徒歩5分ぐらい、富小路通り四条上ルの「ボントン」でランチ。

「ボントン」はフランス語で上品な、マナーのある、といった意味だそう。

なかなか直球な店名です。

ボントン外観

わりときれい目な外観。

ボントン内観

錦市場にも近く、観光地真っ只中ですが、観光客は皆無。

もっぱら河原町四条近辺のサラリーマン、OLさんがメインの客層。

こういう地元客に愛される店は良店が多いので期待できそう。

ボントン内観2

ボントンの正式名称は「ダイニング&ワイン ボントン」。それだけにワイングラスもたくさん置いてます。

切り盛りするのは、チャキチャキしたおばさん=調理担当、人の良さそうなおばさん=接客担当、といった感じ。

ランチは、ハンバーグ、エビフライ、ミックスフライ、生姜焼き、などなど。

すべてが基本850円。コーヒー、紅茶も付いてきます。

うーんどれも美味しそう。が、メニューの一番下に「ボントン弁当」発見。内容を尋ねると、

ハンバーグやエビフライに小鉢が3品とサラダが付くとのこと。しかも同じ850円で。

ん?じゃそれのほうがおトクじゃん。お店の人も、

「なのでこの時間はみなさんボントン弁当を注文しますね」だって。そりゃそうだ。

ってことで「ボントン弁当」でミックスフライを注文。

ボントンランチ

ボントン弁当、ミックスフライバージョン。ご飯、けっこう量あります。

おかずの種類も多く、これは満足感しっかり。

フライを食べると、こ、これは外食って気がしない。

誰かの家のお母さんが作ってくれたような家庭の味です。飾り気のない味わい。落ち着く味。

案外、単身赴任者や一人暮らしの人がしんみりしそうな味です。

ボントンミックスフライ

タルタルソースは酸味がちょうどいい。ミックスってコロッケなのね。。

ボントン弁当

小鉢もとてつもなく普段着。素朴な味わい。いや、いい意味で普段着。

そして、ランチタイムでもイマドキまさかの喫煙可!

なんとなく時代錯誤な雰囲気。それがまた落ち着くんだなー。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です