蕎麦の更科とは無関係? 名物はきしめん、京都「更科 本店」




新京極通六角下るの「更科 本店」にてランチ。河原町駅から徒歩6分ぐらい。

新京極のアーケードの中にあります。

「更科」と聞くと、やっぱり「藪」「砂場」と並ぶ蕎麦御三家を想像しちゃうけど、

きしめんをオシてたりでなんか違うっぽい。「更科 本家」って書いてるけど、

「更科」の本家は麻布十番にあるし。オリジナルのお店でしょう。

とはいえ、こちらもなかなか歴史のある感じ。

さらしな本店

いい感じに鄙びた店構え。これはキケンです。

なんてったって、過去、この手の歴史ある佇まいの店構えで満足した試しがない。

量がビックリするぐらい少なくて、目が飛び出るぐらい割高。味も普通。

ついつい店構えだけで入ってみたくなってしまう、典型的なパターン。

ジャケットのビジュアルが気に入って買ったら、曲が全然よくないジャケ買い状態。

それにしてもものすごい「きしめん」オシ。名代だそう。

カラカラーと戸を開けると、これまた中もいい雰囲気。外は江戸時代っぽいけど、

中は古き良き昭和の蕎麦屋って感じ。思いの外、清潔。

さらしな店内

メニューはけっこう多く、ソバ系、うどん系の思いつくトッピングは全部ある。

京名物、にしんきしめん、にしんうどん、なんてのもある。

きしめんって京都であんまり見ないけどなー。

IMG_8244

当然、名代きしめん600円を注文。これは意外に安いっす。

お盆に一緒に乗ってきたのは、京都を代表する清水の七味屋本舗の七味。

これは観光客には嬉しいでしょう。

さらしな七味

箸の袋に「新京極御用極製棊子麺更科本店」と書いてある。

よくわからん。「蕎麦の更科じゃないけど、こっちも由緒あるぜ!」って言いたげ。

さて、量は。。出ました、例の牛丼どんぶりサイズ。どうも京都ではこれが普通らしい。

サイズも昔の日本人サイズというか。

さて、重要なのは味ですよ! というわけで味は。。。普通です。

出汁の効いたつゆに、てろてろっとした麺。かなり薄いタイプ。

東京の人間からするとノビちゃってる感じ。これが京都だと優しいお味って形容される。

 

油揚げが出汁を吸っていい感じ。その上にカツオブシが多めに乗っかってるのもいい。

九条ネギも乗っていて、京都らしさがプンプンです。

まーでも、構成要素から想像するそのまんまの味。そりゃそうだろうって味。

カツオブシも出汁も好きだから好きな味なんだけどね。

きしめんはノビてるけどノビシロはないなー。

 

更科 本店
075-221-3064
京都府京都市中京区新京極通六角下ル西側

京都府京都市中京区中筋町483


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です