「京寿司」って「江戸前寿司」と何が違うの? 三条通りの「柳家本店」





三条通り富小路角という、まー京都のちょうど真ん中にある「柳家本店」。

三条通りと言えば、東海道から京に入ってくる玄関口。

そりゃー昔からの目抜き通り。今もおしゃれな店が立ち並ぶステキな通り。

そこにデンッ!と佇む「柳家本店」。

駅で言うと、京都市役所前駅から徒歩10分ぐらいか。

柳家本店11

鱧料理、フグ、クエ料理、など高級食材を使った料理が自慢、と書いてありなかなかの名店風。

一応、「京寿司」なるものを売りの一番手に挙げてるので、寿司屋です。

 

で、「京寿司」って何?ってことになっちゃうんだけど、HPを見ると「そういうことじゃなくて」と思わずにいられない。

もっと素材や調理法を知りたいのだが、「ヤミ米の使用をやめ〜」的なダークサイドな歴史が書かれてる。

うーん、違うんだよなー。それ、お店的な「京寿司」の見解ね。

まー一般的には「江戸前寿司」=仕込みのある寿司。

握る前に、煮る、漬ける、酢で締める、などいわゆる「仕事がしてある」寿司ですね。

ネタ的には煮ハマグリ、マグロ漬け、コハダなど。

で、「京寿司」だけど、これはやっぱり押し寿司が一番しっくりくるなー。

「いづ重」の「上箱寿司」は雅でいかにも京寿司っぽい。

あと蒸し寿司もかなり京都っぽいですよね。「末廣」とか「乙羽」とか。

まーつまりあんまり握らない。

あとは京都市役所前駅に近い「深川丈龍」みたいに、ふわっと握って、上に一品料理みたいにネタ乗せる方式。

これはけっこう京寿司のパブリックイメージに近いんじゃないでしょうか。

華やかな感じで。フグの白子載せたりとか。

あとは、「豆寅」「花梓侘」さらには「AWOMB」の手まり寿司系。

このあたりはいかにも京都っぽいなー。

まだまだ進化しそうですね。

柳家本店2

で、話戻って、店内入ると、いかにも昭和なお寿司屋さん。この佇まいはだいぶ好き。

古いけど、きれいにこざっぱりしてます。

平日のランチで入ると、店内には外国人のグループが一組。だけ。

あれ、全然人気ない? まーちょっと高そうだしちょっと入るの気後れするよなー。

柳家本店1

そしてオーダーしたのが「お寿司ランチ」1500円。

サラダに味噌汁、そしてお寿司は握り4貫、押し寿司2貫、巻き寿司4貫。

うーんまあ、量的にはこれぐらいか。。ちょっと高いなー。

京都でしかも、三条通りという立地を考えれば仕方ないかー。

そして味。これまた普通ー。マジ普通ー。非常にオーソドックス。

いや、不味くはないんだけどね。。出前のお寿司のレベルって感じですかね。

お葬式なんかで、近所のお寿司屋さんに出前取る、みたいな。

やっぱ夜が美味しいのかなー。

よく大正時代からこの場所でやってこれたなーというのが本音だったりして。

常連さんが支えているのだろうか。

HPを見ると、2017年12月ごろまで改装中とのこと。

雰囲気は悪くないので、一新した「柳家本店」もちょっと見てみたい気がする。

 

柳家本店
〒604-8083 京都市中京区三条通富小路東入中之町23
TEL.075-221-1327

京都市中京区三条通富小路東入中之町23


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です