相当な歴史好き、幕末ファンなら行くべし!「岩倉具視幽棲旧宅」





京都は洛北、岩倉の地にある「岩倉具視幽棲旧宅」。

歴史好き、幕末ファンにはおなじみ、岩倉具視が王政復古を画策したと言われる屋敷。

まー普通の京都観光客は来ないでしょう。

だって、岩倉具視ってあんまりいい印象ないでしょう?

なんか裏で糸引いてた、フィクサー的な感じ。あと顔もどう見ても悪役顔なんだよなー。

「歴史上の人物で誰が好き?」と聞いて、

「俺、岩倉具視!」って即答する人会ったことないし。

もう歴史が好きで、一周どころか、5周も6周もしてその答えになったんだろうなと思ってしまう。

もっと言えば、岩倉具視自体、知らない人のほうが多いんじゃないでしょうか。

 

岩倉具視はもともと公武合体派(天皇と幕府が合体して皇国の繁栄を願う)。

が、そのやりとりの中で幕府と仲良くしてたので、佐幕派とみなされ、尊王攘夷派から狙われる。

で、「お前、京都の中に住んじゃダメな!」と言われてやってきたのが岩倉村。

ちなみに岩倉具視の「岩倉」はもともとの姓。奇遇ですね。

別に「岩倉村の具視さん」じゃない。

 

で、5年も岩倉村でただただ生きてた。その間、禁門の変とか、大政奉還もあってちょっと情勢変わってくる。

そしたら、「岩倉、あいつ今ごろ何考えてるかな?」ってことになって薩摩藩やら坂本龍馬らが会いに来る。

で、「鳥羽伏見の戦い」勃発! この頃にはすっかり尊皇派の岩倉。

薩長軍が負け気味と知ると、なんと菊の紋章の旗(=官軍)を勝手に作っちゃいます!

これを見た幕府軍は「うそーん。オレら賊軍じゃん。。」となって一気に戦意喪失。

斯くして、薩長軍勝利。新政府樹立。

その後、外務省官僚となった岩倉は、欧州視察やら、征韓論を突っぱねたり政治家として活躍する。

ってのがだいたいの人生。

で、なんで人気ないかというと、やっぱり途中で思想変えたり、勝手に旗作ったり、

自分はあんまり表舞台出て来なかったりで、なんか胡散臭いってところかなー。

いや、けっこう新政府のために尽力したし、もうちょっとリスペクトされてもいいと思うのだが。。

岩倉具視幽棲旧宅

と、前置きが相当長くなってしまったが、行ってきました「岩倉具視幽棲旧家」。

白壁が美しいお屋敷。幽棲と言ってもさすが公家、十分な広さ。

岩倉具視幽棲旧宅1

入り口。幽棲とは、世俗を離れて暮らす、的な意味。

岩倉具視幽棲旧宅3

入り口を入るとすぐに岩倉具視お手植えの松が。

ありがたいようなそうでもないような。。

岩倉具視幽棲旧宅4

こちらは維新志士たちの書を集めた図書館。洋館がかっこいい。中にも入れます。

岩倉具視幽棲旧宅5

はい。こちらが岩倉具視の屋敷。なかなか広い。立派。

幽棲とはいえ、これだけ立派な家は現代では羨ましい。

岩倉具視幽棲旧宅0

お庭も広いじゃないですかー。

岩倉具視幽棲旧宅5

この縁側に座って、王政復古の案を画策してたんだろうか。。

向こうの門からひょいっと坂本龍馬が訪れたりしたんだろうか。

岩倉具視幽棲旧宅6

こちらは剃髪の碑。岩倉具視と言えば明治維新後もチョンマゲがトレードマーク。

が、アメリカ視察の時、息子に「親父、いい加減超ダサいから」と言われて泣く泣く切ったそうです。

岩倉具視幽棲旧宅9

正門を見る。いや現代なら大邸宅っすよ。

西郷どんも大久保利通もこの門をくぐってきたんだろうか。

岩倉具視幽棲旧宅55

「まま、どうぞ中へ」って感じで招き入れたんでしょうなー。

こんな平和な田舎で、キナ臭い政治の話が繰り広げられてたんだろうな。

岩倉具視幽棲旧宅12

つーか広い。夏休みはこんなおじいちゃん家で過ごしたい。

岩倉具視幽棲旧宅11

中庭もあるんですよ。作り込みが甘い感じがさすがに京都を離れた感じがする。

岩倉具視幽棲旧宅33

うーん畳の上に大の字になって天井を見上げながら、国を憂いつつ、昼寝したい。

岩倉具視幽棲旧宅33

ていうか、何部屋あるのよ。こんなに襖いらないんじゃない。

岩倉具視幽棲旧宅999

歴史ファンからあまり脚光を浴びない岩倉具視。

幽棲場所もなんだか物静かな感じでした。

行き方は叡山電鉄の岩倉駅から徒歩だと20分ぐらい。散歩がてらもいいけど、

国際会館から出てる「実相院行き」のバスが一番アクセスいいでしょう。

 

岩倉具視幽棲旧家

京都市左京区岩倉上蔵町100
午前9時~午後5時(入場は午後4時半まで)
木曜休み

京都市左京区岩倉上蔵町100


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です