超人気の京都紅葉スポット「瑠璃光院」の見ごろ時期、行列の並び方のコツ、駐車場について。

京都、左京区は八瀬にある「瑠璃光院」。知る人ぞ知る紅葉の超人気スポットです。

叡山電鉄で20分ぐらい、終点の「八瀬比叡山口駅」下車、徒歩5分ぐらい。

山間の川沿いにあるため、公式ホームページなどでも電車をおすすめしています。

が、どうしても車で行きたいんだ! という方は駐車場が一つだけあります。

瑠璃光院n
こちらが唯一の駐車場。奥が国道367号線。奥から入ってきてすぐのところにあります。

場所は、国道367号線進み、「エクシブ京都 八瀬離宮」を右手に見ながら、

右に曲がって「八瀬比叡山口駅」に向かう道に行く途中に。

全部で15台ぐらいしかないので、基本満車なので覚悟してください。

自分は平日の14時ぐらいに行ったところ、10分ぐらい待ったら運よく一台空いてセーフでした。

こちらの駐車場、なかなかのドライビングテクニックが必要なのでその点、自信のある方はどうぞ!

瑠璃光院x
こちらが八瀬比叡山口駅。レトロな駅舎が渋い。この辺でUターンするのは至難の技笑。

クルマを置いて、駐車場の管理の人に「瑠璃光院、けっこう並んでますかねー?」

と聞くと、「1時間は覚悟したほうがいい」とのこと!

そう、文化財保護の目的で入場制限があるのだ。

平日の14時ごろでも1時間待ちとは!!(実際はもっと待つが)。

瑠璃光院z
瑠璃光院を待っている間もこれだけ紅葉してたら気長に待てる。

八瀬自体、自然の美しい紅葉があるので、瑠璃光院までの道のりも楽しい。

2分ぐらい歩くと、テントがあり、「瑠璃光院チケット販売所」が。

瑠璃光院p
白いテントが整理券発売所。手前が一旦並ぶ集合場所。

2000円という超高額チケットを購入すると、

「15時30分の回」だそうで、「15時20分」集合とのこと。

どうやら回は一時間ごとに区切られてるみたい。

平日なのにスゴイねーー!

「集合時間に遅れると30分以上お待ちいただく場合があります」

とのこと。うわー絶対遅れたくない。。

というかまだ1時間以上ある。。

瑠璃光院io
整理券を確認。地図もわかりやすい。絶対、遅れないぞー!もう一つは美術館のチケットも。と言っても小さな美術館だけれど。

というわけで、八瀬周辺をぶらぶら。

「1時間以上もこんな何にもないところでどうすればいいのよー」

と思っていたら、意外とあっと言う間。

まず、入場券になぜか近くの美術館のチケットも付いていて、こちらを見るのもよし。

さらに、瑠璃光院の先の道をずんずん進むと賀茂神社と所縁の深い「御蔭神社」なるものがあり、

こちらへ散歩がてら行ったり、八瀬の川沿いの紅葉を見てるだけであっという間に1時間過ぎてしまった。。。

コンビニでちょっとご飯でも買って食べたい、というのであれば、八瀬駅から国道367号線を上って行けばすぐです。

瑠璃光院9
心安らぐ風景だーー。
瑠璃光院i
うーんいいねー。これは瑠璃光院の紅葉も期待できる。
瑠璃光院9
散歩してたら瑠璃光院の先にガランとした駐車場がっ!!なんだよ、あんじゃん!と思ったが、どうやらこちらの施設を利用する人用らしい。。
瑠璃光院7
こちらが御蔭神社。なんともひっそり。が、賀茂神社と縁が深く、ここに神様が降り立ったという伝説も。

で、ここで注意点!

生真面目に3時20分に集合場所にすでに100人以上並んでる!

しまったーー!!

当然、先に並んでいる人から入れるので、この時点でさらに30分ぐらい待つことに。。

というわけで、集合場所に書いてるある時間より前に集合して並んでおきましょう。

時間が限られてる人には鉄則で覚えておいて損はない情報ですよ!

瑠璃光院a
正門前。ここでももう一回並ぶのかーー!

瑠璃光院s

15時30分になると、案内の人に先導されて100人ぐらいが大移動。

瑠璃光院の門の前に移動します。

ここで、100人の先頭から順に入れます。

と、見ると、案内の人が一組ずつ門の前で記念写真を撮ってあげるサービス。

って、それが行列の理由かいっ!!

と思ったが、あ、100人が全員どかどか入ったら大混雑。

だから少しでも間隔を空け、さらに少しでも楽しんでもらおう、という工夫か!

と気づく。

やるなー。さすが世界に誇る文化遺産の町京都、そしておもてなしの町。

瑠璃光院u
正門の上にグワッと盛り上がる紅葉。まだかなー。

実際、中に入ると、「本日オープンの遊園地の巨大迷路アトラクションか!」

と思うほど、建物の中が人で大混雑。

うう、こころ穏やかに落ち着いた庭の紅葉を楽しむのって夢のまた夢なんですね。。

瑠璃光院t
やっと入場。紅葉の色味が赤や黄色、グラデーションがいろいろあっていい。

2017年、11月17日の紅葉の見ごろはまだ5割、と言ったところ。

瑠璃光院の紅葉の見ごろはやはり11月下旬がピークでしょう。

左京区で山の方で寒いので紅葉はもうピークなんじゃないか、

と焦ってきてみましたが、やっぱり下旬でいいみたい。意外だな。

特に2017年は、わりと紅葉が早い年。

それでも中旬だとまだ早かったので、これは毎年ほぼ下旬がピークとみて間違いなさそうです。

瑠璃光院10

さて、この瑠璃光院。由緒がなんだかよくわからない笑。

公式HPを見ると、八瀬とはもともと「矢背」と書いて、壬申の乱で大海人皇子が矢を背に受けて、

それを癒すために来たとか、書いてるけどこれは八瀬の土地についてだし。。

いきなりすっ飛んで、大正に数寄屋造に大改築って言われても、もともとは何!? 寺なの??

が、これが数寄屋建築の名匠、中村外二作品だと知ってびっくり!!

マジか! 中村外二はジョンレノン邸やロックフェラー邸の日本間を作った世界に名だたる数寄屋造の第一人者。

いまも中村外二工務店は、京都の名旅館「俵屋」(吉村順三設計)の手入れをするなど、当代切っての工務店。

というわけで、意外と新しいってことなんですね。

建物入ってまずは二階へ。この景色、さすがです。考え尽くされたビューですねー。

瑠璃光院2

障子の開け方で掛け軸のように見せる仕掛け。庭の植え込みとの計算がすごい。

瑠璃光院e

はい、出ました、ジャーーーン。これですよね、見たかったの!!

もはやセクシー。妖艶な紅葉。

磨きのかかった机の反射、これも計算したんだよな。ていうかアイデアがすごい。

一つ、言っちゃいますか。この後ろ、人がひしめき合ってます笑。

瑠璃光院w

うひゃーー。天然のイルミネーションだ。極楽浄土みたい。

マイケル・ジャクソンがディズニーランドを貸し切りにしたようにここ、貸切にしてみたい。

瑠璃光院rrr

この開放感。自然と建築が一体となった空間。贅沢だなーー。

瑠璃光院qqq

一階に降りるとこっちは苔の庭。ああ、この家ほしいっ!

瑠璃光院3

手前に楓が雲のように棚引くことで奥行きがより強調されてる。

すごいね。自然への手の入れ方はやっぱ京都は世界一かも。

瑠璃光院1

石と池が際立つ庭。錦鯉も景観の一つに加えちゃうなんて人間ってなんて業が深いんだー。

瑠璃光院q

秋の夕暮れ in 瑠璃光院。逆光で輝く紅葉がいとおかし。

 

瑠璃光院

京都府京都市左京区上高野東山55番地 
TEL:075-781-4001

京都府京都市左京区上高野東山55


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です