京都御苑は桜と桃の共演! お花見の見頃が3月下旬から4月中旬と長い理由。





京都の街中にある京都御苑。

京都のど真ん中にあるのに、3月の下旬から4月中旬まで長く桜、お花見が楽しめる。

まず3月下旬、京都の中でもトップバッター級に開花が早いのが「出水の桜」。

桜の木、一本一本に名前が付いてるのがいかにも京都らしい。

東京だと「千鳥ヶ淵の桜」とか「上野公園の桜」といった名所の名前ぐらいで、さすがに桜の木自体にはあんまり付かない。

3月下旬に京都御苑に桜を見に行くと、もう一ついいことが。

京都御苑の中に「桃園」があるのですが、こちらの花が満開!

正直、桜の花びらと超似てる。知らなかったー。

京都御所桜お花見8

こちらが桃の花(だと思ってるんですが、もし違ったら訂正してください!)。

桜の花に似てるなー。

京都御所桜お花見7

ピンクと白っていう花の色もそっくり。

京都御所桜お花見6

青空に純白が映える!

京都御所桜お花見5

人もまばらでいいですね。やっぱり本来自然を愛でる時はこのぐらいまばらの方がいい。

京都御所桜お花見4

まさに満開。桜、桜と言うよりも、たまには桃の花もいいですね。

京都御苑桜

3月下旬、京都御苑の桜の代名詞「糸桜」もこの時期が満開。

「糸桜」は京都御苑の中の旧近衛邸趾にあります。

時期によって、紅色の桜が満開だったり、白い花の桜が満開だったり移ろいがあるのも特徴。

そして4月上旬には京都御苑の桜はあちこちで満開に。

この頃には「車返桜」も咲き誇りまくり。

時の天皇があまりの美しさに、車を戻して見たというのが名前の由来。

うーん一つ一つの桜にエピソードがあるのが京都の桜のスゴいところだ。

京都御所桜お花見

そしてこちらが「出水の桜」。京都を代表する桜、枝垂桜です。

ソメイヨシノもいいけど、枝垂桜もいいっすね。どことなく雅です。

あ、忘れてた!

2018年からは京都御所の中も基本的に一般公開なったから、

紫宸殿横の「左近の桜」も普通に見られる。

これは京都御苑にお花見に行く理由がもう一つ増えますね。

京都御所桜お花見1

もちろん、名もなき桜たちもたくさん咲いてます。

しかもとにかく種類も多い。枝垂れ桜やら寒桜、山桜、オオシマザクラなどいろいろ咲いてます。

種類が多いので、それぞれ満開の時期が微妙に違う。

それが3月下旬から4月中旬まで、京都御苑の桜の見頃が長い理由です。

当方、あんまり桜の種類に詳しくないのですが、見てるだけでも花びらとかが全然違うのがわかります。

京都御苑の桜は、京都のお花見スポットとしては、けっこう貴重かも。

というのも、京都のお花見はだいたいお寺や神社の境内。

京都御苑以外で、お弁当を持ってピクニック気分で楽しめるお花見スポットは

「鴨川沿い」「鴨川デルタ」「円山公園」「宝ヶ池公園」ぐらいかも。

京都御苑はその中でも、京都の歴史を感じさせながら、桜の下でピクニック気分でお花見できる唯一のスポットかも。

それだけ貴重です。テーブルとベンチもあるし。

「鴨川デルタ」あたりだと、もう大学生やらがワイワイやっちゃってて、

もうちょっと穏やかにピクニック気分でお花見したい、なんて時にピッタリ。

ゆったりお花見を楽しもうと思ったら、京都御苑の桜、お花見がオススメです。

 

京都御苑
京都府京都市上京区京都御苑3
075-211-6348

京都府京都市上京区京都御苑3


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です