京菓子の名店「京都三条菓子司 寛永堂 四条本店」で買うべきは黒豆茶スイーツ





京都四条通りの堂々たる店構えが印象的な「京都三条菓子司 寛永堂 四条本店」。

寛永堂と名乗るだけあって、創業は寛永七年(1630年)!!

388年前創業って。すごいね。。

最寄り駅は河原町駅で徒歩3分。祇園四条からも徒歩3分ってとこ。

寛永堂本店7

名物は黒豆茶羊羹、黒豆茶、黒豆茶ぜりぃなど。

そう、黒豆茶を使った御菓子が代名詞。

京都丹波の黒豆をこれでもか、とばかりに上品に、風味豊かにスイーツに仕上げるのがお得意。

ちなみに、京都の和菓子屋さんで見る「菓子司」の「司」の字。

これが入ってる和菓子屋さんは上等です。

昔、白砂糖が希少だった時代、「司」の文字が入ってる和菓子屋さんのみが白砂糖を使えたそうで、

こういう和菓子を「御菓子」、呼び方も「おんがし」と呼びます。

覚えておくと、ちょっと鼻高ですし、街中を歩いていて、和菓子屋さんの暖簾を見て、

「お、ここのはちょっと上等な和菓子だな」とわかりやすくて便利。

公家から和菓子を作ることを許された、献上されるような和菓子を代々作り続けてきた、と思って間違い無いでしょう。

寛永堂本店5

黒豆茶以外の和菓子もほんと多い。

寛永堂のこだわりとしては、飾り気がなくとも、上質の素材と熟練のワザで美味しさを追求すること。

実際、黒豆茶の滋味あふれる風味が上品でありながら、ストレートに来る。

黒豆って美味いんだなーとここの和菓子を通して思ったほど。

寛永堂本店8

店内を物色しているだけで、あっという間に時間が過ぎていく。

寛永堂本店4

と、店内をふらふらしてると、あっという間に「大納言清澄」とこれまた名物の黒豆茶が振舞われてしまう。

すみませんねー。御気遣いなく。と言いつつ、パクパク、ズズッーーと。美味いなー。

「大納言清澄」は大納言小豆を寒天で閉じ込めたもの。素朴な味わいです。

そんなにスイーツ好きじゃない男子でも、これは美味いと思ってしまう。

甘さがくどくなくのがいいな、やっぱり。

寛永堂本店

黒豆一粒一粒にフレーバーがついた「丹波黒」。

黒糖やキナコなど、種類豊富。何粒でもパクパク食べてしまう。

寛永堂本店1

「黒豆香」。寛永堂オリジナルのお煎餅。当然黒前がガッツリ入ってます。

寛永堂本店3

「寛永傳」。北海道産最高級大手亡豆製の白餡が入ってる。

寛永堂本店11

こし餡最中の「花千歳」。いろんな和菓子がありますなー。

寛永堂本店9

はい、出ました名代「黒豆茶羊羹」。甘い羊羹に黒豆茶の香ばしさが見事に調和。

これは京都限定です。

寛永堂本店0

「海中くず湯」もあります。これは単価が安いので、お土産に良さそうです。

四条本店は二階にカフェもあるので、これらの味を確かめることができます。

京都のお土産選びに迷ったら、ここのを買っておけば安心でしょう。

 

京都三条菓子司 寛永堂 四条本店
京都市中京区先斗町四条上ル柏屋町171-3
075-229-6282
0120-156-886
9:00~22:00
定休日:なし

京都市左京区北区大宮西脇台町17他


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です