夏の京都で【抹茶かき氷】は絶対外せない! オススメは「梅香堂」!

夏の京都、うだるような暑さにすべてを投げ出したくなるこの季節。

京都のスイーツと言えば、和菓子や抹茶パフェなどありますが、

この季節絶対外せないがの「抹茶かき氷」!!

なんなんでしょう、この美味さ。

たぶん、「京都の水」が一役買っているんだと思う。

鮮烈にして濃厚、甘さと渋みが渾然一体となって喉を通り過ぎていく快感。

これを食べずして、京都の夏は語れない、と思うのは私だけでしょうか。

梅香堂

数多ある京都のかき氷の名店を差し置いて、まずはオススメしたいのが「梅香堂」です。

祇園近辺にはかき氷の有名店がいくつかありますが、それでもここが好き。

祇園の有名店は1時間待ち、みたいな涼しくなりたいのに、むしろ暑くて疲れる、

なんて本末転倒なことになりがちですが、こちらは地元民がメインでほのぼの。

魚田南さんのマンガ、「カラスのいとし京都めし」にも登場するお店です。

カラスのいとし京都めし 2 (フィールコミックス)

新品価格
¥734から
(2018/4/11 00:31時点)

場所は、東山区、東大路を南に行き、東海道本線のすぐ南。今熊野の信号の近く。

京阪本線、JR奈良線の「東福寺駅」から徒歩10分です。

創業60年以上、冬はパンケーキも有名です。

かき氷は5月ごろから10月ごろまでの夏季限定メニュー。

梅香堂1

とは言え、京都人にとっての人気店、夏は15分ぐらいは待ちます。

なので、我慢できず、待ってる間にソフトクリームを頼んでしまいました。

こちらも濃厚。大丈夫、かき氷は別腹です。

梅香堂2

店内、超普通の内観。

むしろ子供のイラストのようなかき氷の メニューが貼ってあったりで、アットホームです。

梅香堂3

はい、ジャジャーーン!!「宇治ミルク時雨」。

抹茶パフェと違って、鮮烈な美味しさ!

夏にこれ以上もってこいの食べ物を私は知らない。

なんと言っても、抹茶に氷ですからね。ほぼ抹茶ですよ。

抹茶の夏の食べ方としてこれほど合理的なものはない。

そこに絶妙な甘さがたまらない。

夏の太陽で失った水分と糖分を同時に補給。

そして見てください、このどこまでも深い緑。

上のほうだけ緑で、下のほうは氷の白、なんて貧乏臭さが微塵もございません。

たっぷり抹茶がかかり尽くしております。

どこから食べても抹茶味。

実際、甘味、水分、さらに抹茶の濃厚なカテキンのおかげか、

食べると心身ともにスッキリすることこの上なしなんだよなー。

梅香堂4

こちらは「宇治ミルク時雨」と人気を二分する「トロピカルマンゴー味」。

これまた美味い!!

このボリュームすごいですよね。

こんなに食べれるかなーと最初は誰もが思うのですが、誰もがあっさり完食します。

不思議だ。いや、当然か。

梅香堂5

練乳もしっかり付きます。

全部かけてもよし。まーちょこっとだけがオススメですが。

かき氷は20種類以上あり、ほかにも「黒糖きなこミルク時雨氷」など、

「ぐぬー、いいとこ突いてくるなー!」と思わずにいられない、絶妙なかき氷のオンパレード。

5分は悩むこと必至です。

なので、もし行列になっていたらむしろラッキー、

じっくり悩んでおきましょう。

 

梅香堂
京都府京都市東山区今熊野宝蔵町6
075-561-3256
10:00~18:00
火曜定休

京都府京都市東山区今熊野宝蔵町6


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です