“絹ごし緑茶てぃらみす”で名高い「一乗寺中谷」は和洋折衷菓子の総本家





名物「絹ごし緑茶てぃらみす」で有名な「一乗寺中谷」。

叡山電鉄の一乗寺駅から徒歩5分。

宮本武蔵の吉岡一門との決闘の地、一条下り松はすぐ近く。

和の素材を使った洋菓子の代表とも言える「絹ごし緑茶てぃらみす」。

インターネットの予約販売でも4か月待ちの超人気スウィーツ。

和食の料理人だった主人が実家の和菓子を継ぎ、奥さんがパティシエールだったこともあり誕生。

よく、タイプの違うものを合わさった時の形容詞として、

「なんとかとなんとかのマリアージュ(結婚)」と言うけれど、

こちらの場合、本当にマリアージュだったりする。

一乗寺中谷

店構えは純和風。「絹ごし緑茶てぃらみす」以外にも「でっち羊羹」など人気商品あり。一乗寺中谷1

テイクアウトのコーナーも充実。手土産に使えそう。

一乗寺中谷44

かたや、ケーキ類も充実。洋菓子と和菓子が半々ぐらい。

一乗寺中谷4

店内はカフェのよう。イートインできます。

一乗寺中谷121

出ました! 絹ごし緑茶てぃらみす。

インターネット通販だと升に入ってるけど、店内だとこんな感じ。

抹茶、豆乳、フロマージュブラン、白あん、生クリームが折笠ってしっとりふわふわ。

抹茶は「柳桜園さんのお抹茶」を、丹波産の小豆、黒豆と、素材へのこだわりも手抜きなし。

確かに和菓子らしさもあるし、もちろん洋菓子らしさもある。

それが全然違和感ないのがすごい。

抹茶パフェなどに代表される抹茶スウィートとかって、なんであんまり海外進出しないんだろう。

中国圏の訪日外国人はけっこう抹茶スウィーツ好きだけど、欧米人はそこまで聞かないなー。

ちなみに「一乗寺中谷」はまだ日本人ばかりでした。

一乗寺中谷33

他にケーキはもちろん、シュークリームなど洋菓子たくさん。

一乗寺中谷5

ざるわらびなるメニューも。和洋折衷菓子がたくさん。

二代目のご主人はまだまだ若いので、これからさらに和洋折衷菓子が誕生しそうな予感。

 

一乗寺中谷
京都市左京区一乗寺花ノ木町5番地
9:00~19:00
水曜日(11月は不定休)
075-781-5504
075-711-1793


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です