【ベトナム料理 コムゴン京都】烏丸御池ランチの行列のできる人気店





四条、烏丸駅から徒歩3分、烏丸御池駅からも徒歩5分ぐらいの好立地にある

「ベトナム料理 コムゴン京都」は平日ランチでいつも大人気。

オフィス街でもあるこの辺りのOLさんが常に2、3組み店の外に並んでる。

といっても、2、3組みなので、ちょっと待てば入れる。

コムゴン

ベトナムの国旗が目立つ外観。いつもは何人か並んでるが、行った日はなぜか外に人なし。

ラッキー。これは行ってみよう!

コムゴン3

店内はなかなかおしゃれ。

これはベトナム料理のヘルシーなイメージと合間って、OLさんに人気が出るのもナットク。

キレイな店内でありながら、調味料や箸入れなど現地感があってバランスがいい。

メニューを見ると、あれ?けっこうタイカレー的なものがあったりするぞ?

ベトナム料理というかアジアンな料理もけっこうあったりする。

コムゴン2

かなりいろいろメニューがあるが、やっぱり一番人気が気になる。

「バインカンランチ」900円。

ベトナムと言えばやっぱりフォー。

以前、ベトナム人に聞いたところ、ベトナム人にとってフォーと言えば牛肉の出汁らしい。

もちろん、鶏肉の出汁のフォーもあるけど、ほぼみんな牛肉の出汁のフォーを食べるらしい。

でも日本だとだいたい鶏肉の出汁な気がする。

やっぱり日本人向けにアレンジしてるですなー。

確かに中華圏は鶏がらスープが多いし、日本人向けには鶏がらがいいかも。

実際、ここの鶏肉のササミ系とネギ、もやしのトッピングがさっぱりして美味い!

ここにさらにお好みで、パクチー、レモンが付く。

俄然、東南アジアのらしさが加わる。

コムゴン1

さらに、卓上に置いてある調味料でさらなる好みに味に作り上げることができる。

ベトナムと言えば、の魚醤ニョクマム、お酢、チリソースなどどれも風味が強いので1滴、2滴で調節を。

ちなみに同じ魚醤でもタイだとナンプラーって言います。どちらもカタクチイワシが原料。

日本だと秋田のしょっつるも魚醤ですね。こちらはハタハタが原料。

で、こちらのランチ、他にサラダやピクルスもついてヘルシーな上に、もう一つメインディッシュがある。

それが甘辛煮付け肉載せご飯。

なんとなくこれに似たものを、台湾でも食べたような気がするが、うーん美味い。

同じアジアでやっぱり繋がってるよなーと思ってしまう、日本人に合う味。

ほかにも、ベトナム料理の定番、生春巻きなどいくらでも食べたい料理がメニューに並ぶ。

これは1回来ただけじゃ物足りない店ですね。

ぜひとももう一回、それもランチじゃなく夜にでも来てみよう、と思わずにいられない。

 

ベトナム料理 コムゴン京都
京都府京都市中京区一蓮社町304
075-223-3337

京都市中京区一蓮社町304


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です