京都の町家おばんざいランチの定番!「おうちごはん ここら屋 伊勢屋町」





京都の町家おばんざいランチの定番、「おうちごはんここら屋」。

今回は伊勢屋町店。御幸町通りにあり、本店から南に3分ぐらい歩いた所にある。

ずいぶん近いっすね。。

そのぐらいこの業態が当たってるんでしょう。

京都市役所前駅から徒歩8分、三条からは10分ぐらい、河原町からも10分ぐらいかな。

外観は町家なので、近くにあっても、「あ、またここら屋だ」となならないのがミソ。

景観を崩さないのがいいですね。

これがもし、「セブンイレブン」とかだったら、間違いなく「またセブンイレブンだ!」って

なりますからね。

おうちごはんここら屋伊勢屋町4

さて店内。

他のここら屋と同じく、例によって例のごとく、店内はバッチリ町家テイスト。

伊勢屋町店は入るとまずカウンター。

これはやっぱり夜の居酒屋も楽しそう。

ちなみに夜のメニューとしては生中ビール490円。

まー平均的なお値段設定でしょう。

京都らしく「生麩のたいたん」490円など。

「たいたん」とは、京都言葉で「炊いたもの」。

京都では「なになにしたもの」を「たん」と言います。

「お揚げを焼いたもの」なら「お揚げの焼いたん」となります。

正直、最初メニューでこれを見た時はびっくりしたものです。

「え! ナニコレ!?」って感じでした。

おうちごはんここら屋伊勢屋町1

二階です。こちらはテーブル席なんですね。

畳もいいけど、やっぱりテーブルと椅子のほうが食べやすい。

おうちごはんここら屋伊勢屋町

窓際席は窓から通りが見下ろせるカウンターのような席。

お一人様もゆったりできそう。

おうちごはんここら屋伊勢屋町2

さて、ランチ。ここら屋と言えばおばんざいランチです。

焼き魚定食やら、煮魚定食やら、唐揚げ定食なんかもありますが、この日は豚肉のトマト煮がメインのをチョイス。

ごはん、お味噌汁、柴漬け、お豆腐、ナスとかぼちゃの天ぷら、マカロニサラダ、

そしてメインは豚のトマト煮。さらにデザートとしてお菓子が付いてきてます。

このちょっとずつ盛りだくさん感がおばんざいランチのいいところですねー。

お菓子がまるで家のお菓子みたいのが付くのがおもしろい。

他の支店もそうだけど、豆腐の上にかかってる紫色のタレが相変わらずよくわかんないんだよなー。

おうちごはんここら屋伊勢屋町3

メインおかずの豚肉のトマト煮。

主菜ですら野菜が多いのが京都流。

ニンジンにパプリカ、さらに京水菜が付け合わせとなっております。

京水菜がトマトのスープを吸ってシャキシャキした中にも濃いうま味がいい感じ。

ぶっちゃけ肉少なーと思ってしまいますが、品数が多いのでなんとか満腹な気分になれます笑。

味は安定の味です。お値段も980円とギリギリ1000円切ってリーズナブル。

それにしても食べログだと誰も「おうちごはん ここら屋 伊勢屋町」の口コミをしていないのはなぜだろう?

載っているのは写真だけ。

口コミがないので、評価がない。これはかなり珍しい。

なので、今ならあなたの点数で、この店の点数が決まりそうですよ!

 

おうちごはん ここら屋 伊勢屋町
京都市中京区御幸町通六角下る伊勢屋町345
075-255-1068
月曜日定休

京都市中京区御幸町通六角下る伊勢屋町345


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です