【茶の菓】京都人が東京出張で持って行く手土産。「マールブランシュ北山本店」





京都の手土産、名物は数あれど、京都人が東京出張で持って行く手土産第一位は、

コレなんじゃないかと思うのが「マールブランシュ」の「茶の菓」。

その理由として、まず、東京で売ってない笑。

京都の北山に本店があり、もちろん支店もいくつかあるのですが、

京都市内が多く、京都以外も関西圏しかありません。

しかも「茶の菓」は京都限定っ!!

なので、東京に持って行ったら、喜ばれること請け合いです。

マールブランシュ北山本店

「マールブランシュ北山本店」は京都の北山駅から徒歩4分のところにあります。

並木通りのおしゃれなエリアに鎮座。

ほぼ女性客しかいません笑。

マールブランシュ北山本店3

店内も、まー女性テイスト。

物販のエリアと奥にはカフェエリア。

このカフェエリアがもうゴリゴリのロココ調と言いますか、女性的な雰囲気です。

マールブランシュ北山本店2

はい、出ました、「お濃茶ラングドシャ【茶の菓】」です。

20枚入りで2750円なり。手頃なお値段も魅力。

これなら、出張先の会社の部署、だいたいの人が手にすることができます。

マールブランシュ北山本店1

「茶の菓」で松の木のオブジェ。もはやセンスいいのか悪いのか。。

ま、この和のお菓子ってのが京都土産としては重要です。

そう、「茶の菓」が京都土産としていいのは「抹茶味のお菓子」であること。

まー京都のスイーツと言えば、誰もが思い浮かぶのが抹茶味のスイーツ。

その点、「茶の菓」はドンズバ。抹茶のラングドシャですから。

しかも、和の要素と様菓子の要素が合体しているのが、ちょっとサプライズでいい。

マールブランシュ北山本店4

「茶の菓」ほかにもたくさんお菓子があります。

こちらは「かえでパイ」。

ふんわりサクサク、カリッと香ばしく、の2つの食感がある。

和のモチーフで、洋菓子を作るのが「マールブランシュ」流と言えるでしょう。

 

「マールブランシュ北山本店」
京都府京都市北区北山通植物園北山門前
075-722-3399

 

京都府京都市北区北山通植物園北山門前


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です