【ベル・アメール京都別邸】酒、抹茶、黒豆…etc. 京都の素材とチョコの新スイーツ続々!




京都は三条通り堺町東入ルにある「ベル・アメール 京都別邸 三条店」。

烏丸御池駅徒歩7分、京都市役所前駅からも7分ぐらい。

町家に暖簾と、およそチョコレート屋さんらしくない店構えがまたオシャレどす。

ベルアメール 京都別邸

「ベル・アメール」はショコラティエの小杉和之氏が運営するチョコレート屋さん。

日本の気候に合うように、徹底した温度湿度管理、地の素材と組み合わせたチョコ作りを得意とする。

ベルアメール 京都別邸1

というわけで、チョコレートがとても和風。

なので、京都との相性はバツグンというわけです。

例えば、

丹波産栗ペーストとキャラメルホワイトチョコガナッシュムースを栗きんとん風に仕上げたショコラ、「丹波栗」や、

京都の白味噌とアーモンドプラリネの組み合わせ、はちみつの香りとゴマのアクセント、「白味噌プラリネ」、

京都水尾柚子ペーストをマダガスカル産ミルクチョコに混ぜ込んだ、香りさわやかなガナッシュ「柚子」、

京都産丹波黒豆きな粉を使用し、塩を効かせたミルクチョコガナッシュ「黒豆きなこ」など、

京都の地の物とチョコを組み合わせたスイーツが並ぶ。

他に、京都の地酒シリーズも。

山本本家の「神聖」のジュレとキャラメルチョコを組み合わせたスイーツ「神聖」、

斎藤酒造の「古都千年」ジュレとカカオ66%のチョコ「古都千年」、

増田徳兵衛商店の「月の桂」ジュレとホワイトチョコ「月の桂」など、枚挙にいとまがない。

これがまた升の形をしているのもおもしろい。

ベルアメール 京都別邸6

店内は一階が販売コーナーで二階が飲食カフェコーナー。

町家の造りがいかにも京都らしくて楽しい。

ベルアメール 京都別邸3

京都小山園の抹茶を贅沢に使用した、ホワイトチョコガナッシュ「抹茶トリュフ」、

京都七味本舗の香りと辛味のバランス良い七味を使用したビターチョコガナッシュ「七味」など、

京都らしいショコラの詰め合わせは、「ベル・アメール 京都別邸」の人気商品。

ベルアメール 京都別邸7

とにかくショコラの種類が多い。ディスプレイの上に紹介メニューがあるので、こちらを参考に選べます。

ベルアメール 京都別邸5

こちらも人気シリーズの「スティックショコラ」。

まるでアイスキャンディのような見た目がたのしい。箱だけ見ると口紅みたい。

こちらも当然、京都仕様。

甘酒パウダーが入った「甘酒」や、抹茶チョコに小豆フレークが入った「抹茶あずき」など、

京都限定バージョンも多数。

ベルアメール 京都別邸8

ベルアメールの代表作、パレショコラも。

パレットのような平たいチョコの上にナッツなどが乗ったスイーツ。

ベルアメール 京都別邸4

エクレアショコラ、ドーナツショコラ、などなど、とにかくスイーツの種類がたくさん。

どれにするか迷うので、ついつい長居してしまう。

 

ショコラ ベルアメール 京都別邸
三条店

075-221-7025
京都市中京区三条通堺町東入ル北側 桝屋町66

1F Chocolat Shop / 2F Chocolat Bar
営業時間 10:00~20:00(不定休)

京都市中京区三条通堺町東入ル北側桝屋町66


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です