京都「詩仙堂」江戸時代の風流人が建てた山荘はさすがのセンス。





京都は左京区、叡山電鉄「一乗寺駅」下車、徒歩10分ぐらいの「詩仙堂」は石山丈山の山荘。

石山丈山は江戸初期の風流人。元々は徳川家康に仕える武将でしたが、

「大阪の陣」のあと、隠棲することに。

儒学、朱子学者でもあり、師匠は藤原惺窩。林羅山とも親交が深かった。

歌を詠み、書道、作庭が好きで、多岐にわたって才能を発揮した。

いまで言えば、学者であり、小説家であり、空間デザイナーでもあるマルチクリエイターと言えるかも。

さらに、煎茶の祖といわれるように、茶を初めて煎じた人とも言われる。

そんなセンスの塊のような人が作った山荘、当然センスがいい。

詩仙堂

一乗寺駅からの道。詩仙堂への道中もなんか雰囲気いいです。

詩仙堂1

このいい感じの入り口。

石山丈山が生きた安土桃山時代から江戸時代初期は、完全に侘び寂びがブーム真っ只中。

その影響を色濃く反映してます。

詩仙堂2

竹林の中を抜けるアプローチがまたいい。

篭る感じがいかにも鄙びていい感じ。

詩仙堂は別名「砂の山荘」。って誰も言ってないですけどね笑。

個人的にはそう言ってもいいぐらい砂が印象的。

詩仙堂3

安土桃山文化の絢爛豪華な世界から、茶の湯的侘び寂びの世界に移行していったんですねー。

詩仙堂4

障子窓の形がすでにおもしろい。

簡素ながら独自の世界観がぷんぷんです。

詩仙堂5

すっきりとした砂の庭。空っ風が吹いて来たらどうすんだろう。

あまり風が吹かない京都だから可能にした庭園だなー。

詩仙堂9

建物の入り口や縁側への入り口の上部がアーチを描いていて、なんだかやさしい印象。

リラックスできる山荘だなー。うらやまし過ぎるぞ、丈山!

詩仙堂0

石の配置、竹垣、植木のバランスの手が込んでる。

詩仙堂18

木材、土、石だけで作られた山荘。これは維持だけで大変なんだろうな。

詩仙堂29

瓦と茅葺き屋根、あちこちいろんな素材を使っていて、見てるだけで飽きない。

屋根の上には物見台? ベランダみたいのもあったりでかなりおもしろい建造物。

詩仙堂111

茅葺き屋根、機能的にいるかな?笑

もはやデザイン的な欲求でつけたんだろうな。

詩仙堂31

隠居の家としては最高にいいよな。

詩仙堂14

庭と建物が一体化したかのような佇まい。超開放感。

逆に夏は蚊がすごそうだけど笑。

まるまるとした植木がまた和む。

詩仙堂15

庭正面。このまま庭に降りて行きたくなるけど、絶対ダメだ。。

詩仙堂15

シンと静まり返った砂の庭。心落ち着くー。

詩仙堂12

縁側からジャンプして、砂の上に着地したい衝動を抑えるのに必死。

詩仙堂11

なんだかこんもりした草一つ一つが本当は生きていて、じっと静かにしてるように見えてきた笑。

詩仙堂22

庭がまた、散策するのが楽しい庭。

いろんな種類の植物が植えられて、それぞれいい味出してます。

自然の発色って生きてるだけあって、ビビッドだな。

詩仙堂27

庭の中を小さな小川が流れていたり、あちこち趣向が張り巡らされております。

詩仙堂26

池も波紋一つ立てず静寂そのものだったり。

詩仙堂35

いろいろな草木で作る小道が歩いていて楽しい。

詩仙堂28

詩仙堂と言えば、看過できないのが「ししおどし」。

日本で初めて発明された場所ですから。

山の傾斜に立つ詩仙堂は、イノシシや鹿がすぐ山から出てきたらしく、

困った石川丈山が発明したそうです。カコーン。

詩仙堂33

夕暮れ時はこれまたいい雰囲気。和むなー。

詩仙堂334

苔むした蹲もワビってる、サビってる。

ぽとんと落ちた椿の花がまたかわいらしい。自然が作る美ってすばらしい。

 

詩仙堂
叡山電鉄「一乗寺」駅下車 徒歩約10分
市バス・京都バス「一乗寺下り松町」下車 徒歩約8分
9時~17時
500円
京都市左京区一乗寺門口町27番地
075-781-2954

京都市左京区一乗寺門口町27


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です