大阪新世界、通天閣で必ず食べておきたいグルメと楽しみ方!





京都から大阪、通天閣へ日帰り旅行。

通天閣って東京タワーのような電波塔だと思っていたら、純粋な展望塔なんですね。

それにしては形が東京タワーのようだなーと思っていたら設計者は同じ人。なるほど。

東京タワーに負けじと、大阪にもタワーがほしい!ってことになったのでしょうか。

はい、こちらが通天閣。昔はこの辺り、かなり危険なあたりだったらしいです。

いまではかなり観光化が進んでおります。

とはいえ、普通に道路に寝そべってマンガ雑誌を読んでるおじさんがいたりと、

昔を忍ばせる雰囲気は随所にあったりします。

世界観はこんな感じで、かなりギラギラ笑。いかにも大阪のイメージですねー。

かに道楽に負けじと、とにかく店の看板が派手。そしてだいたい立体。

お店の二階を見ると、おじさんが窓を開けて睨みつけてたり、ユーモア溢れております。

なんとなく、「元気が出るテレビ」を思い起こさせます。

大阪通天閣

いかにも観光エリアを通り過ぎて、ググッと雰囲気がいい感じにひなびてきます。

ジャンジャン横丁と言います。

このあたりでそろそろ一杯やりたい気分ですが、ここはちょっと我慢。

せっかくなのでいろいろ見ていきましょう。

大阪通天閣1

こちらは将棋クラブ。もはやおじいちゃん達がエキストラなんじゃないかってくらい絵になってる。

初心者歓迎、って書いてるけど、これはなかなか入りづらい。。

大阪通天閣3

と、ジャンジャン横丁を歩いていると「ミックスジュース発祥の店」を発見!

これは気になる。

大阪通天閣5

それがこちらの「千成屋珈琲店」。

初代が果物屋さんで、熟れすぎた果物をどうにかできないか、と思い、ミックスジュースを発明。

そりゃそうでしょう。もったいないですから。

大阪通天閣5

店内も昔ながらのいい雰囲気。落ち着く。

本来はこの店の雰囲気ならおじいちゃんたちがいそうですが、客層は若い。

有名店なんでしょうね。

で、ミックスジュース。確かに! これは美味い!!

ちゃんとしたフルーツを使ってる感、あります。

ビタミンCとかたくさん注入できた気がします。

大阪通天閣7

そして新世界と言えばやっぱり串カツですね。

御多分に洩れず、夕飯は串カツ。

行列店も多いですが、その中でも比較的行列がまずまず少ない「てんぐ」に。

それでも10分くらいは待ちました。

なんか明るくてフレンドリーでいい雰囲気。

大阪通天閣89

串カツ、串揚げの前に、もう一つの大阪名物「どて焼き」を。

甘い白味噌ベースのタレで煮込んでます。

味付けがギンギンに濃い。大阪っぽいですなー。

大阪通天閣0

串揚げがズラリ。一個一個の量はそれほどでもないので、いろいろな種類が楽しめる。

ドライバーたる人は、これでビールが飲めないのは地獄です!

というわけで、けっこうサックリ出てきちゃったな。

揚げ物一本勝負であんまり長居はできないな。

大阪通天閣11

すっかり夜になってライトアップ。

このにぎにぎしさは楽しい。

歌舞伎町に比べてとても安全な感じです。

大阪通天閣22

大阪の人以外の人がイメージする大阪がここにある、って感じです。

まーだいぶ観光客向けなのはわかるけど、それでもこういうビジュアルのところに来てみたかった。

そして観光と地元がいい感じにミックスされています。

ちょっと横丁に入るとゲームセンターなんかがあり、そこでゲームしてると、

普通に見知らぬ人がやってきて、やり方のアドバイスくれたりします笑。

あえて、地元っぽい店に飛び込んだほうが、楽しい体験ができるスポットです。

 

てんぐ
大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4-12
06-6641-3577

大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4-12


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です