京都のど真ん中にある雑貨のデパート!【sowgen】





京都は錦市場近く、富小路通りに面した「sowgen」はアンティーク雑貨のお店。

年代物の皿やテーブル、椅子、よくわからない小瓶、果ては西洋の甲冑まで(笑)、

かなりマニアックな品々が店先まであふれてます。

奥にはカフェもあったりでかなり自由な空気。

本店は京都の北東、白川のほうにあります。

sowgenantique

こっちは別館って感じなんでしょうか。

河原町駅から徒歩8分くらいのところにあります。

とにかく圧倒的な物量!!

見てるだけで十分楽しい。

sowgenantique2

洋風の椅子があるかと思えば、こんな和風のお皿もたくさん。

それらが違和感なく調和しているのがなんとも不思議。

sowgenantique3

この一角はタンスだらけ笑。なんという夥しい数。

そして引き出しの数がまたすごい。

手前にあるのは完全に薬ダンスですね。

何に使えばいいか悩ましいですが、あるだけでインテリアとして使えそうです。

sowgenantique4

ナイチン・ゲールが薬品を入れて使っていたっぽい瓶、軍隊が使っていたっぽい水筒、

ベーブ・ルースが使っていたっぽい野球のヘルメットなどなど。

なんじゃこりゃ?な品々が所狭しと並んでます。

sowgenantique5

こちらは中華っぽい火鉢。マジで何に使いますか笑?

蚊取り線香? 灰皿? 植木鉢? 使い方はまさにあなた次第!

sowgenantique6

まさにアンティーク雑貨のデパート。ただあんまりカテゴリーごとに別れてません笑。

というか、ほぼぐちゃぐちゃ。

これを世界中から買いまくってくる仕事って楽しそうだなー。

輸送するテクニックとか色々大変なことがありそうだけど、それにしても気ままな感じがいい。

sowgenantique7

そして西洋の甲冑っ!! 何に使うの? いやもうインテリアでしょうね。

「ゲーム・オブ・スローンズ」に出てきそう。

もはや映画の撮影道具の店に思えてきた。

sowgenantique1

こっちには天使のレリーフ、その横には工業機械の部品のようなもの。

ナンジャコリャー。

どこかの倉庫みたい。まだ分類してない状態の。でもそれでもおしゃれに見えるから不思議だ。

それにしても量が多いし、河原町近くの京都のど真ん中で、この規模はなかなかない。

散歩がてらにちょっとのぞいてみると、思わず時間が過ぎていってしまう楽しいスポットです。

 

sowgen
京都府京都市中京区高宮町573
075-252-1007

 

京都府京都市中京区高宮町573


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です