【京都有次】刀鍛冶のワザを包丁に! 創業450年以上、京都の世界的金物屋。





1560年、戦国時代真っ只中に創業した「有次」はもともとは刀鍛冶。

この時代、そりゃあ包丁より刀ですよね。

刀を作ることがほぼなくなった現代。その技術を惜しみなく発揮して作るのが包丁です。

東の「杉本」、西の「有次」と言われるように、包丁界の巨人、とも言える金物屋。

「築地有次」ってのもありますが、こちらは大正時代に「京都有次」から独立したお店です。

有次8

「京の台所」と呼ばれる錦市場の中。

台所に包丁屋さん、さもありなん、なロケーションです。

河原町駅から徒歩5分くらい。

店内は日本人よりむしろ外国人が多い。

侍たちが使っていた刀を作っていたその技術、外国人も見てみたいでしょうね。

有次3

とにかくズラリと並ぶ包丁、ほうちょう、ホウチョウ。。

これは圧巻です。刺身包丁に出刃包丁に牛刀。。ここにない包丁はない、と言わんばかりです。

お値段もピンキリですが、1万3000円くらいで十分な包丁が買えます。

一生モノと考えれば全然高くないです!

有次7

金物屋ですから、包丁以外もいろいろと売ってます。

こちらは型抜き。料理をするのが楽しくなるような品々がたくさん。

有次5

鍋なんかもたくさん。これはアレコレ欲しくなる。

外国人も興味津々です。

海外の雑誌やガイドブックにマストゴーな感じ載ってるんでしょうね。

有次1

店内にはきれいに陳列された商品棚の他に、実際に研いでいるところも見ることができます。

こっちはこっちで外国人がじーっと興味深そうに見入ってます。

有次4

さて、いろいろ悩みましたが、結局三徳包丁を購入することに決定!

すると名前を入れてくれます!

これはテンション上がる。まるで名刀を手に入れたような気分に。

菊一文字、虎徹、村雨、などなど色々と銘を考えちゃいますが、やっぱり普通に自分の名前を入れる笑。

うーんこれは愛着出ちゃうなー。

有次

包丁を購入すると、銘を入れてもらい、そのあと手入れの仕方の講習をしてくれます。

ステンレスの包丁もあるけれど、ここはひとつ、刀と同じ素材の玉鋼の包丁を購入。

やはり錆びやすいそうで、料理したらすぐに洗って水気を拭き取るのが重要とのこと。

あんまりクレンザーでゴシゴシ洗うのもダメだそうです。なんとも繊細です。

講習を終えると、身が引き締まる思いです。

さて、家に帰って実際に使ってみました!

その切れ味たるや、もはや快感です!!
こりゃ、スゲエわ。
いやーホント、買ってよかった!!

スパスパ切れるっ!

トマトを切ると、もはや切ったところが真空なのか、くっついて離れない笑。

トマト側からすると、切られたの気づいてないんじゃないか、ってくらい。

まさに名刀。明らかに包丁さばきがワンランク上がるので、料理が絶好調になります。

料理好きは、是非とも買っておくべき逸品ですよ。

 

有次
京都市中京区錦小路通御幸町西入ル鍛冶屋町219
075-221-1091

 

 

京都市中京区錦小路通御幸町西入ル鍛冶屋町219


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です