京都から高知へ旅行 その四 「オーベルジュ土佐山」宿泊記




高知の山奥に佇む「オーベルジュ土佐山」。

この宿に行くならやっぱり春から夏がいい。

青葉が美しい季節がとにかく最高。高知全体に言えることだけど。

今回はババっと「オーベルジュ土佐山」の館内紹介です。

オーベルジュ土佐山5

モコモコの青葉に埋もれるような本館。大自然を満喫できる宿です。

冬だとやっぱりちょっと寂しいことになるだろうなー。

ちなみに「オーベルジュ」とは、もともとフランス発祥で、

都会を離れた、大自然の食材の生かしたレストランで、

お酒を飲んだりすると、クルマで帰れないので、泊まれる設備を整えた

レストランのこと。なので、メインは食事の宿、ってことになりますね。

オーベルジュ土佐山12

森と山と一体化したような建物。居心地よさそう。

オーベルジュ土佐山11

うわーこれはロビーからして気持ちいい。

暖炉があって、冬は冬でいいかもしれない。

ロビー横のカフェ&バースペースもかなりいい。

開放感バツグン。

オーベルジュ土佐山15

外の雰囲気をめちゃくちゃ感じられる作りがいい。

本当は2、3泊して日がなここで本でも読んでいたい。

オーベルジュ土佐山9

お部屋は本館と一棟ごとのコテージタイプに別れてます。

こっちは本館の廊下。

オーベルジュ土佐山4

リゾート風の中庭。

ちょっとアジアンリゾートっぽい。

オーベルジュ土佐山1

お風呂はこんな感じ。まーシンプルこぎれいな感じ。

部屋数がそんなに多くないので、貸し切りっぽくなる時間もあります。

オーベルジュ土佐山2

露天風呂もシンプル。

目の前のに迫るくる山がいかにも山奥来たなーって気分に。

浴衣はいろいろ借りられます。

バリエーション豊富。

オーベルジュ土佐山14

お土産コーナーもセンスいい。

おしゃれっすねー。

お部屋紹介に続く。

オーベルジュ土佐山
高知県高知市土佐山東川661
088-850-6911

京都府京都市北区上賀茂岩ヶ垣内町33-39


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です