京都発のアイスクリーム専門店!「ハンデルスベーゲン 北大路店」





京都はとにかくスイーツが豊富。

当然歴史を感じさせる和菓子、和菓子と言っても、茶道に使う高級感ある生菓子から、

庶民の味である大福やお団子、さらには葛きりやかき氷、抹茶パフェなどなど。

そこに、外国系チョコやケーキ屋さんが一号店を京都に出店するケースも多い。

と、とにかく街を歩けばスイーツにあたる、と言っても過言じゃないくらいある。

そんな中、歴史は深くないけど、いまどきの京都初のスイーツ屋さんも多い。

その一つが「ハンデルスベーゲン」。

北欧っぽい名前ながら、正真正銘の京都発のアイスクリーム専門店です。

なんだって、こんな名前なのかと思ったら、店主の奥さんが昔スウェーデンに住んでいて、

その近くの通りの名前らしいですね。なんだか手の込んだ名前でややこしい。。

が、名前はどうあれ、とにかく美味しいと言うことで行ってみました!

ハンデルスベーゲン 北大路店1

場所は烏丸線の「北大路駅」から徒歩2分の好立地。この北大路店が一号店です。

店構えは完全に北欧風で京都らしさはゼロ。

この名前とこの店構え、最初は完全に外国資本のアイスクリーム屋さんだと思ってた。

ま、とにかく見た目はかっこいい。

ハンデルスベーゲン 北大路店3

店内は洋風であり、柱などで若干京都らしさもあり。

このバランスもいかにも外国のスイーツブランドが京都に一号店を出した時の雰囲気。

絶対、そこ狙ってるよなー。

ハンデルスベーゲン 北大路店6

店内は京都らしく、うなぎの寝床状態で奥に長い。

奥まで行くと、京都らしい坪庭ならぬテラス席があったりします。

店内はアイスクリーム以外にもカフェ、さらにランチとしても利用できます。

ハンデルスベーゲン 北大路店2

たくさんのフレーバーがあって、どれも美味しそう。

京都と言えばな「京都宇治抹茶」、南国風の「王様マンゴーラズベリー」、

「マダガスカル・リッチバニラ」「フレッシュピスタチオ」などなど、的を得たフレーバーが並ぶ。

ハンデルスベーゲン 北大路店5

ここのアイスの特徴はとにかくクリーミー。そして濃厚。

世界中を旅した店主が美味しいと思ったアイスクリームを再現したそうです。

京都らしく、春、夏、秋、冬で季節に合わせてフレーバーが変わるとのこと。

それにしても、京都らしさってなンなんでしょうね。

おそらくパブリックイメージとしてはこの2つじゃないでしょうか。

その一。素材にこだわってる感。

その二。時間をかけて丁寧に作ってる感。

京都発って言うと、この2つが保証されてる感があるから、京都って得してるよなー。

おそらく京都の歴史、職人、本物を大切にする、的なイメージが合間ってるからでしょうね。

店主はもともと和食の料理人。和食とアイスの共通点はなにか、って発想からスタートしており、

和食の出汁のように、アイスのベースを作り、そこに旬と素材の良さを生かしたアイスクリームを、

ってことになったようです。うーん京都らしさ、なんかこじつけるなー笑。

ハンデルスベーゲン 北大路店4

ま、実際美味いので文句ないですけど笑。

一応、東京の銀座でも支店を出してるようなので、そこで味を確かめてみるのも一興かと。

他に「ハンデルスベーゲンカフェ」なんてのもあるんですね。

と言うか、カフェのほうが支店がたくさんある?

ちょっと業態がよくわからんことになってますね。

 

ハンデルスベーゲンカフェ 北大路店
京都市北区小山北上総町43番2
075(494)0575

 

京都市北区小山北上総町43番2


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です