【長楽館】歴史ある建物でのカフェ&スイーツは京都の醍醐味! 





京都を代表する公園、円山公園に隣接する歴史ある洋館「長楽館」。

”煙草王”と呼ばれた実業家、村井吉兵衛が明治時代に国内外の客人をもてなすために作った迎賓館。

伊東博文や大隈重信、山縣有朋らも来たそうです。

それから100年ほど経った今現在も現役、しかも一般庶民も気軽に入れるうれしい施設。

レストランやカフェ、ホテル棟もある複合施設といったところでしょうか。

こういう歴史ある建物って若干古びててもおかしくないですが、

長楽館のいいところは、ほぼ現役! 調度品もピカピカ、当時の優雅さもそのままってのがすごい。

さらにちゃんと現代風にアレンジもされていて、ノスタルジーで終わらないのがいい。

長楽館5

こちらがエントランス。おいおい。こりゃ本物じゃないですか。

ヨーロッパの貴族のお屋敷のようです。

長楽館6

洋風の中にも灯籠があったりで、海外の賓客に日本らしさもアピールしたかったんでしょうね。

ステキーってことになりそうですが、そういうわけでウエディングもやってます。

長楽館7

古い建築ですが、ちゃんときれいに現役で使ってるのがよくわかります。

てか、まわりは知恩院や八坂神社など、京都ど真ん中なのにここだけヨーロッパ!

長楽館14

建物の中はこんな感じ。もうタイムスリップというか異国というか。

これだけの内装を維持してるがすごい。

長楽館4

こちらは男子トイレ。装飾がすごい。デザインがすごい。

未来っぽいようなレトロっぽいような絶妙な空間を生んでおります。

長楽館19

廊下上のシャンデリアやアーチが優美です。

長楽館18

これはかっこいい。

当然1階ではウエディングが執り行われていました。

そりゃー結婚式会場として完璧でしょう。

長楽館17

階段の手すりや柱のレリーフも手が込んでます。

お金かけましたねー。

長楽館13

で、カフェ。結婚式の時は衣装直しとかしそうな部屋だなー。

窓の外には円山公園が広がっています。

これは立地もすばらしい。

長楽館16

ビシッとアイスコーヒー一本勝負っ!!

いやだって、甘いもの特に今いらないから。。

長楽館12

部屋ごとに雰囲気が違うのも楽しい。

割と店員さんにサクッと通されるので、今度は別の部屋を頼みたい。

レストラン利用もアリだよなー。

長楽館2

現代と過去がミックスされたような部屋も。

全然こっちもありだなー。

長楽館11

とにかくどこを見てもゴージャス。

家具調度品も含めて京都市有形文化財の指定をされています。

長楽館10

こちらはスイーツ売り場。とにかく内装がかっこいいなー。

贅を尽くした感がハンパない。

100年前の建物だし、正直もう少し古臭いかと思ったらめちゃくちゃ洗練されてます。

長楽館9

お上品にケーキがディスプレイされております。

こういう雰囲気好きな人にはたまらないでしょうね。

長楽館8

お土産用にクッキーなんかもあります。

結婚式パーティをここでやるなら引き出物にいいでしょうね。

レストランはフレンチ、イタリアンがあり、カフェ、バーも揃う。

古い建物を現代に生かしきってるのっていいことだなー。

 

長楽館
京都市東山区八坂鳥居前東入円山町604
075-561-0001

 

京都市東山区八坂鳥居前東入円山町604


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です