満足度高し! お手軽京都フレンチのススメ。「ブランピエール」





京都でフレンチ、これが意外にコスパが高い。

食べログ京都でフレンチのランキングを調べてみても、

一位の「リョウリヤ ステファン パンテル」でさえ1万5000円から。

食べログ東京で見ると、一位の「カンテサンス」以下、軒並み3万円から。

この点からみても、いかに京都のフレンチがリーズナブルかがわかる。

京都の和食だったら「吉兆 嵐山本店」なんて64,800円〜なのに!

いかに京都で和食が幅を効かせ、フレンチが肩身の狭い立場なのかがわかります笑。

和食の本場ってイメージ強いですからねー。

そこへ行くと、フレンチはわざわざ京都で食べなくても、ってなっちゃいますからねー。

が! ここが狙い目なんです!

肩身が狭いからこそ、創意工夫、切磋琢磨、日進月歩の努力によって、

まさかまさかの名店が多いんです!

だって、私自身があんまりフレンチ食べないのに、一発で美味いっ!!って店多いですから。

しかも、安い。最高。いいこと尽くめ。かしこいグルメの楽しみ方です。

ブランピエール

そんな名店の一つが「ブランピエール(blanc pierre)」。

いや、ほんとオススメです。

食べログの京都フレンチランキングでも16位。

ミシュランのビブグルマンにも掲載されているので、今さらって言えばそうなんですが。。

場所は、大人おしゃれエリア御所南。

京都市役所前駅から徒歩6分。丸太町駅、烏丸御池駅からも徒歩10分といったところ。

ブランピエール1

店内はおしゃれで開放的で気持ちのいい空間。

京都の町家風に坪庭があり、ここから明るい陽光がふんだんに入ってくる。

若いカップルから地元の老夫婦まで客層の質もいい感じ。

メインシェフとアシスタントがとにかく忙しそう。

そして真剣。ふたりで回すの大変なんだろうなー。

とはいえ、店内悪い雰囲気じゃない。真剣にお客さんのための料理を作ってますが、

お客さんはこちらのこと、気にしないでください、って感じ。

ランチは前菜、スープ、メインで2000円から。

前菜とメインは選べるので、ぜひ、2人以上で言って、ちょっとずつ交換するってのもあり。

ブランピエール2

最初にアミューズ、えんどう豆の味が濃厚。

これ一発で、あ、ここ美味いっ!ってなりました。

青々とした鮮烈な味わいと、生クリームの甘味。これは女子ウケ間違いないでしょう。

ブランピエール4

前菜。みずみずしいサーモンの上にポーチドエッグ。

もちろん玉子を割って、トロリとした黄味をサーモンと絡ませます。

うーん幸せだなー。本当は瞬殺だけど、一応ゆっくり味わって食べます。

ブランピエール3

パンも当然、合格点。パテも添えてあって、食欲をそそる。

メインの前なのに、これはモリモリ食べてしまう。

ブランピエール4

鯖と北あかりのテリーヌ 蟹味噌ディップ添え。

京都フレンチらしく鯖が入ってきました。

ほんと、パンがススんでしまう!

ブランピエール6

コーンスープ。これトウモロコシか!ってぐらい甘い。もはやスイーツ。

生クリームもすごい入ってる感じだなー。濃厚。

たぶん、これジュースみたいに飲んだら、1日分のカロリー摂取できそう。

ブランピエール9

じゃじゃんっ!!

フォアグラハンバーグ!

この店のスペシャリテです。

まー濃厚です。美味いです。

全体的に風味、味付けが濃厚で、ガツンとくる。

見た目はエレガントなのに中身は男っぽい料理です。

満足感がハンパない。これで2000円ってエライよ。

企業努力に頭が下がります。

ブランピエール8

仔羊の煮込みのペンネリガーテ。

トロットロの仔羊肉が絶品。

これは人気出るわー。

悪いところがほとんどないもの。

京都フレンチ、行っとかないとソンです。

下手な観光客向けの和食のお店に行くより、よっぽどいい選択です。

 

ブラン・ピエール (blanc pierre)
京都府京都市中京区御幸町夷川上る松本町577
075-231-8550

 

京都府京都市中京区御幸町夷川上る松本町577


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です