京都から奈良へ旅行、【子供注意!!】奈良の鹿は思ったより凶暴です。対処法も!





京都から奈良へ、大仏と阿修羅像を見に行くことに。

修学旅行以来の大仏。ほとんど記憶ない。

京都からクルマで行くと、便利なんですが周辺は結構満車。

停めたのは奈良県文化会館とNHK奈良放送局の間の駐車場。ここはまあまあ穴場でオススメです。

岡北9

奈良県立美術館前にはセントくん。

ほかのゆるキャラとは一線を画すヒューマンタイプは逆に個性的。

一度見たら忘れられない異様なパワーを感じます。

岡北7

奈良県庁。かっこいい。「新美の巨人」とかで特集されそうじゃないですか。

休日なのでひっそりとしてます。

岡北4

さて、東大寺境内に入り、まずは鹿せんべい。

これはやっとかないと。修学旅行以来。ワクワク。と、この後、悲劇が!

岡北3

せんべいの結束の紙を剥がそうとしていると、どんどん鹿が集まってきます。

最初は「かわいいヤツめ、まあ待て待て」と思ってたら、「ちょっと待て!」すごい勢いできます。

結束を取らないと一匹に全部食べられちゃうので、手を上にあげていると、

ガブッ!!!

痛っ! なんと脇腹を鹿に噛みつかれる。

一気にテンション下がる。神の使いがまさかの暴力行為。もうどうでもいいよ。。

シャツをめくってみると歯型に内出血。

これ、子供ならけっこう危険だなー。

というわけでぜひお子さんのいらっしゃる方は注意してください。

 

岡北8

対処法としては、できるだけ鹿せんべいを買ってすぐその場で結束を外してください。

歩きながら結束を外してると、あっという間に鹿に囲まれて、危険です。

子供に渡すときは、ある程度、周辺の鹿に先に大人がせんべいあげて落ち着かせてからがいいと思います。

何枚か食べた後なら、ガツガツ来ません。

それでも指までガブリと来そうな勢いがあるので、半分くらいまで食べたら、

パッと手を離すよう、子供に言った方がいいでしょう。

いやー中学生の頃修学旅行に来たとき、そんな凶暴なイメージなかったんだけどなー。

本当にお気をつけて。心配なら子供に鹿せんべいをあげなくてもよいかと。

ちなみに我が家はお父さんが脇腹を噛まれて以来、子供はもう全然鹿せんべいいいや、ってなってます笑。

岡北5

気を取り直して大仏殿へ。

うーんでかい。

岡北6

うーんデカイ。が、なんか鹿に噛まれてテンション上がらない。

もう帰ってもいいなあ。くらいに。

この後、すぐ近くの興福寺で阿修羅像を見ると、テンション上がりました。

いやー仏像、素晴らしかたった。圧巻です。

芸術性といい、あれだけ揃ってると別世界観あります。

こちらはオススメです。

 

東大寺
奈良県奈良市雑司町406−1
0742-22-5511

 


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です