【亀屋陸奥】司馬遼太郎の本に何度も出てくるので気になっていた京都スイーツ「松風」!

お気づきのかたもいらっしゃるかと思いますが、当方、司馬遼太郎好きです。 司馬遼太郎の本、つまり歴史小説を読んで京都を歩いていると、 おお、ここを坂本龍馬も歩いたんだろうなーとか、 おーここで幕末の志士たちが宴会してたのか

Read more

京都洛北の穴場の桜、お花見名所「妙満寺」は、白昼夢かと思うほど人がいなくていい。

京都の桜、お花見スポットの中でもまず知られていないのが「妙満寺」。 というのも、アクセスが悪い笑。 京都駅から烏丸線で20分、国際会館駅下車。そこからバスで5分ほど。 叡山電鉄なら「木野駅」から徒歩107分くらい。 車で

Read more

【西本願寺】東本願寺と西本願寺その違いは?

京都の地図を見て、まず思うのが、東本願寺と西本願寺、だいぶ大きいお寺だなってこと。 そして次に思うのが、何が違うの?ってこと。 どちらも最澄が開いた浄土真宗です。 戦国時代、織田信長が苦戦した一向一揆の門徒たちの宗派。

Read more

【東本願寺】その巨大さに圧倒される、敷地面積世界最大の歴史的木造建築!

京都駅からすぐ、烏丸通りを北に向かうと、いきなりとてつもなく大きなお寺が見えてくる。 「さすが京都だなー、一つの寺の大きさがデカすぎる!」と思った方も多いのではないでしょうか。 そのお寺こそ、東本願寺。京都でも有数の大

Read more

京都、宇治の観光と「中村藤吉本店」のスムーズな入店方法、教えます!

京都宇治観光、初級編として訪れるべきスポットは「宇治橋通り」です。 JR宇治駅で降りて、ロータリーを渡ってすぐです。 というのもこの通りに「中村藤吉」「辻利」「伊藤久右衛門」「上林」など、 お茶の名店が軒を連ねてるからで

Read more

マンガ「へうげもの」でおなじみ、京都「古田織部美術館」に行ってみた。

織田信長、豊臣秀吉に仕えた戦国武将から、千利休の高弟となり、大茶人となった古田織部。 なんとなく名前は知っていたものの、よく知らなかった人物ですが、 マンガ「へうげもの」を読んで(脚色すごいですが)、かなり興味を持ちまし

Read more

京都大原、雨の日に行きたくなる建礼門院ゆかりのお寺「寂光院」

京都で静かなお寺で大原の「寂光院」は聖徳太子創建、 平家物語の建礼門院ゆかりの寺で由緒正しいお寺。 建礼門院は壇ノ浦で破れた平家一族、息子を弔いながら大原で過ごした。 柴漬け発祥の地である大原、その柴漬けを名付けたのは建

Read more

【京都有次】刀鍛冶のワザを包丁に! 創業450年以上、京都の世界的金物屋。

1560年、戦国時代真っ只中に創業した「有次」はもともとは刀鍛冶。 この時代、そりゃあ包丁より刀ですよね。 刀を作ることがほぼなくなった現代。その技術を惜しみなく発揮して作るのが包丁です。 東の「杉本」、西の「有次」と言

Read more

【香十】創業440年! お香の専門店が銀座から京都に里帰り!

いやはや、世に老舗と呼ばれる店は多いけれど、創業440年はいくらなんでも、歴史あり過ぎです。 織田信長が天下を取った天正年間に創業。 その後、二代目は豊臣秀吉に、四代目は徳川家康に召され、 江戸時代には、天皇献上香、茶道

Read more

京都の織田信長を祀った神社!「健勲神社」。

京都人の好きな戦国武将と言えば。。。 一に豊臣秀吉、二に織田信長。徳川家康はあんまり好かれていない。 というのも、徳川家康はああ見えて、けっこう朝廷に対して強気で、 「公家諸法度」を作って、貴族たちに遊びすぎるなよ、など

Read more