「稲穂食堂」タイ料理 meets 和食の衝撃を京都で味わう!

一乗寺と言えば「ラーメンストリート」ですが、タイmeets日本の麺もあります。 それが「鯛スープのフォー」!! 鯛、昆布、あさりの和風出汁の旨味にフレッシュハーブの熱帯のアクセント、 病みつきになるアジアンテイスト溢れる

Read more

京都「詩仙堂」江戸時代の風流人が建てた山荘はさすがのセンス。

京都は左京区、叡山電鉄「一乗寺駅」下車、徒歩10分ぐらいの「詩仙堂」は石山丈山の山荘。 石山丈山は江戸初期の風流人。元々は徳川家康に仕える武将でしたが、 「大阪の陣」のあと、隠棲することに。 儒学、朱子学者でもあり、師匠

Read more

京都のお土産、京漬物が一堂に揃う!「おおみや児島一乗寺店」

京都のお土産と言えば京漬物。手軽で保存も楽、万人受けする漬物はお土産に重宝する。 特に、詩仙堂や圓光寺、一条下り松の決闘、あたりの京都左京区に行った場合は、 この「おおみや児島一乗寺店」でお土産を買っておくのがオススメ。

Read more

“絹ごし緑茶てぃらみす”で名高い「一乗寺中谷」は和洋折衷菓子の総本家

名物「絹ごし緑茶てぃらみす」で有名な「一乗寺中谷」。 叡山電鉄の一乗寺駅から徒歩5分。 宮本武蔵の吉岡一門との決闘の地、一条下り松はすぐ近く。 和の素材を使った洋菓子の代表とも言える「絹ごし緑茶てぃらみす」。 インターネ

Read more

京都【圓光寺】徳川家康が開いた学校に文人墨客が集う。

京都は左京区、叡山電鉄「一乗寺」駅下車にて徒歩15分。 関ヶ原の戦いのわずか一年後に徳川家康が建てた学校が「圓光寺」。 天下分け目の合戦からたった一年でもう学校作ってるって意外ですよね。 孔子の教えを広めようと、出版物を

Read more

子供連れ安心の自然派タイ料理屋「パンとごはんAOW(アオ)」

京都は左京区、叡山電鉄「一乗寺」駅を降りてすぐのタイ料理屋「パンとごはんAOW(アオ)」。 京都の名物本屋「恵文社」の帰りに、子供連れでも安心して食べられるとこないかなーと見つけたのがこのお店。 看板が質素、また、料理屋

Read more

京都のおしゃれ本屋でダントツ人気! おしゃれ雑貨も揃う「恵文社 一乗寺店」

京都で一番有名な名物本屋と言えば「恵文社一乗寺店」。 本のセレクトショップと言うべきラインナップは、目利きの効いた店員によるおしゃれな本が揃う。 本だけじゃなく、おしゃれな雑貨も多いので、とにかく店内うろついてて飽きない

Read more

京都のアンティーク雑貨&家具店「montique(モンティーク)」ははっぴいえんどを思い出す。

京都は叡山電鉄「一乗寺」駅下車、徒歩3分。 一乗寺といえばラーメンストリートやおしゃれ本屋の恵文社など、独特のカルチャーを感じる町。 東京でいえば、中央線の雰囲気ぷんぷん。高円寺、阿佐ヶ谷、中野辺りのカルチャーに近い。

Read more

京都にもう一つの清水寺があった!?「狸谷山不動院」②

さて、いよいよ本堂です。 もともとこちらの本尊が鬼を叱ると言われる不動明王「咜怒鬼」(タヌキ)。 ここからこの辺りを狸(タヌキ)谷山と呼ぶようになったそうです。 タヌキ=(他を抜く)ということから、スポーツ関係や芸能人の

Read more

「平成狸合戦ぽんぽこ」なお寺!?「狸谷山不動院」①

京都は左京区、一乗谷にもう一つの清水寺がありました。 詩仙堂、圓光寺の間をすり抜け、急勾配の坂道をぐんぐん登っていきます。 「狸谷不動尊」を横目に、山道を車で進むと、 瓜生山の中腹ぐらいにまさに”山寺”といった風情の「狸

Read more