【京都南丹市花火大会】京都人がこぞっておすすめする花火大会!と駐車場について





京都南丹市花火大会。毎年8月14日。5000発。

京都人にけっこうすすめられた花火大会で、実際、かなりいい!

かなり気に入って、毎年行く花火大会となりました。

京都市内では花火大会はないので(が、実は京都人も知らない穴場として宝ヶ池花火大会があるがこれはまた後日)、

京都の花火大会としては、重宝がられている感もある京都南丹市花火大会。

東京だと、隅田川やら神宮やら町のあちこちでやってるけど、京都だと街中はやりませんからね。

南丹市花火大会3

南丹市花火大会

まず、何がいいって、花火大会のサイズ感。人が多すぎて、隅田川みたいに、

「止まらないでくださいー、歩き続けてくださいー」とか言われない。

これだともう風情も何もない。その点京都南丹市花火大会は皆無。

というのも、500円の観覧券(シール)を買って、入場するので、席もまずまず確保できます。

南丹市花火大会9

次に、花火が超近い!! あんまり近くに行き過ぎると、首がちょっと疲れるくらいもはや真上!

南丹市花火大会1

花火の爆風を感じる距離。

南丹市花火大会11

川の反対側から上がる花火、そして川沿いはコンクリートで段々になっているので、

視界に前列の人の頭が、ってことがなく、まるで劇場のように見やすい。

花火大会のために設置されたようなロケーションだ。

南丹市花火大会10

こんな感じで川沿いが特等席。

夕方に着いていれば基本座れます。

南丹市花火大会15

ギッチギチの席取りバトルもない。

ちょうどいい見物人の数。

南丹市花火大会14

また、玉数も十分満足できるレベル。5000発と聞くと、そんなもんか、と思うが、

打ち上げに緩急があって、見せる時は見せる、まとめる時は豪勢に、といった風。

南丹市花火大会5

南丹市花火大会2

かなり満足感がある。

南丹市花火大会8

花火大会というと、夕方から行くイメージだけど、南丹市花火大会は昼から行っても楽しめる。

なんといっても、ほがらかな大自然。まわりに邪魔な背の高いビルは皆無。

これだけで最高。カブトムシやクワガタを売っている店があったりと、子ども連れも楽しめる。

南丹市花火大会9

さらに、花火大会が始まる前にぜひ、行っておきたいのが露天エリア。

河川敷に広場に、まるでバザールのように軒を連ねる。

ここでの主役は、地元の中高生あたりだが、なんだか青春をリアルタイムで見られたようなお得な気分に。

南丹市花火大会12

南丹市花火大会13

最後に、クルマで行く方への注意点。

花火大会当日は道路規制がすごい。え、こんなとこまで規制するの?ってぐらい、

見渡す限り田んぼのど真ん中に規制のため進入禁止の看板が立ってたり。

昼から行けば規制する前に近くまで行けるだろう、と思ってもけっこう早くからダメです。

なので、結果、市営の臨時の駐車場(1000円)に止めざるを得ない。

南丹市花火大会17

だいたい、駐車場から花火大会会場まで徒歩10分ぐらいを覚悟してください。

南丹市花火大会16

線路沿いを歩いていくのが近道です。

うーんまあそのぐらいいいかーと思えるぐらい、いい花火大会ですけどね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA