創業300年の和食ランチは今も愛され大繁盛!「松長」





京都市役所駅徒歩2分、創業300年!の和食やさん「松長」でランチ。

享保元年(1716年)創業、江戸時代で徳川吉宗のころって。。スゴすぎる。さすが京都。

が、全然敷居が高くない。というか300年って気づかないぐらい。

お店の人も全然フレンドリーで、この気軽な感じが逆に300年のすごさだったりして。

IMG_7881

平日の12時30分ごろ入店。一階はカウンターとテーブル席で大にぎわい。ギッシリ。

こりゃ厳しいかなと思いきや、喫煙もできる2階があるとのこと。

松長内観

2階に通されると、1階とは打って変わって誰もいない。宴会に持ってこいな座敷。

テーブルが8人掛け、4人掛けなど4つもある。こりゃ穴場だわ。

ま、昼はちょっと寂しい感じがするけど。

松長ランチ

お昼は、日替わり定食850円、焼き魚定食950円、すき焼き定食900円、

お造り定食1100円、など。

ここはお初ということもあり、トップに書かれてる日替わり定食を注文。

この日は焼きサバでした。うん、サバは間違いないね。

ここの定食の特長は茶わん蒸しが付いてくること。料亭系のフワトロ系じゃなく、

まわりはプリン系、なかトロトロ系のちょい家庭的なタイプ。美味いっす。

出汁効いてます。底の方にうどんが入ってるのもおもしろい。

お惣菜のほうれん草の胡麻和えも苦味が効いて大人の味。

全体的にオトナな味わいです。派手さはないけど、しっかり出汁が効いて、

味付け変な甘さとかなく、いい感じ。

 

もう一つ、特筆すべきはご飯お代わり無料!

2階にいるとなかなかお代わりって時間かかるイメージだけど、

ご用の方用のインターホン押しただけで、お代わりのご飯を持ってきてくれた!

これ、すばらしいサービス!

派手な演出、名物、とかもなく地道にまっとうな味で300年ってすごいな。

松長
京都府京都市中京区高倉通御池上る柊町589
075-221-1056

京都市中京区高倉通御池上る柊町589


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です