初夏の京都は青葉の名所へ!「東福寺」【その5】開山堂





天通橋を渡りきるとなにがあるのか。答えは開山堂。

開山堂とはお寺で最初の僧の住居、のちにその人の像を安置するお堂のことだそうです。

勉強になりますね。僧が住んでいたってことで、ちょっと住居チック。

お寺の本堂や方丈のような強気な建物じゃなく、どこか居心地の良さそうな建物です。

東福寺開山堂

まず目を引くのは、なんといっても楼閣があることでしょう。京都五大楼閣のひとつだそうです。

金閣寺、銀閣寺、西本願寺の飛雲閣、大徳寺の芳春院の呑湖閣、そしてここ東福寺の開山堂の伝衣閣。

いや知らんかった。

東福寺開山堂庭園

枯山水も美しく映えます。ここは日陰なのでみんな一休み。

東福寺開山堂枯山水水

そしてここもやっぱり格子模様。徹底してますな。

東福寺開山堂庭

砂の上を走り回りたい衝動を辛うじて堪える。

もしくはゴルフボールを置いてバンカーショットをしてみたい衝動もスゴい。

東福寺開山堂4

開山堂なめの青空っ!

東福寺開山堂楼閣

ど正面!!

東福寺開山堂中

堂内はこんな感じ。

東福寺開山堂道

ぐるっと回って天通橋に戻ります。次は東福寺三名橋のラスト、「偃月橋」へ向かいます。

東福寺
京都市東山区本町15丁目778番地

京都市東山区本町15丁目778番地


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です