京都の夏の風物詩・川床料理!貴船「仲よし」で涼しげランチ【2】





前回、前置きが長くなってしまいやっと川床料理「仲よし」です。

貴船仲よし入り口
「仲よし」の入り口はここ。

人も少なくなっていい感じになった15時。珍しい夕方スタートの回でいただきます。

注文したのは「竹コース」8750円。そう、手軽に2〜3000円ランチってのがない。

ワンランク下がった「ミニ会席」6700円なんてのもありますが、基本このぐらい。

まー場所代でしょう。とはいえ、ちゃんとコース。

先付、向付、焼物、炊合せ、蒸し物、天ぷら、ご飯、香の物、水物です。

実は貴船には「流しそうめん」をやってる店が一軒だけあり、そこは1500円とリーズナブル。

まあ、今回はバッチリ川床料理を味わいたいので、それは別の機会に。

貴船仲よし内観
こちらが「仲よし」。15時からの回なので空いてて逆によかった。

「仲よし」のお座敷はこんな感じ。川の流れがけっこう早くてザーーッと豪快な音を立ててます。

これは雅というより、かなりワイルド。楽しい!

仲よし滝

段差のあたりは豪快。足だけ水に浸けて野趣溢れる楽しさ。

子供が落ちたらけっこう流されそう。

貴船仲よし先付け八寸

さて、お料理。先付と向付が最初に一緒に出される。まー旅館料理と思っておけば間違いないでしょう。

抹茶豆腐、湯葉、など随所に京都らしいメニュー。そうです、観光で来てる人間にはこういうのがいいんです。

旅行してるなーって気になるんで。ほかに貴船という土地柄、山の幸も多い。

貴船仲よし鮎塩焼き

そして、夏の山の幸といえば「鮎の塩焼き」。そうです、これでいいんです。

こういうのが出ないと、ブー垂れますよ、我々日常的に食べることないんですから。

蓼酢でいただきます。「蓼食う虫も好き好き」と言われるほど、苦い蓼ですが、不思議と鮎には合うんだなー。

貴船仲よしそうめん

ここでそうめん。細〜いそうめんをするするっと。涼ですなー。

仲よし水

お座敷の下、30cmぐらいのところを清流を流れる。なんだこの非日常感!

食事中でも時々足を浸して楽しめる。

貴船仲よししんじょ

「仲よし」の名物、「道明寺饅頭」。甘鯛、鰻、銀杏、椎茸が入った饅頭にかかった餡が美味い。

仲よし天ぷら

天ぷら。あービール飲みたい。クルマで来たからなー。

貴船仲よしご飯

最後はご飯、香の物、赤だし味噌汁。お腹いっぱい。

貴船仲よしメロン

もちろんデザートもあります。メロンは甘さが濃くてペロリ。

さすがにお腹いっぱい。観光に来たなーーという満足感あり。

15時の回はほとんど人が残っておらず、食後もダラダラできて満喫できるので意外とおすすめです。

さて、腹ごなしにちょっと貴船を散歩しますかー。

 

貴船 仲よし
住所:〒601-1112 京都府京都市左京区鞍馬貴船町71
電話:075-741-2000
営業時間:11時00分~21時00分

京都府京都市左京区鞍馬貴船町71


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です