京都の老舗フレンチ「ブション」で手軽にステーキ。

京都は寺町通二条榎町にある「ブション(Le Bouchon)」。

京都市役所前駅から徒歩21分の好立地。

寺町通は池波正太郎も好きだと公言していた、ちょっと大人な通り。

特に御池通りから北は骨董屋が多く、通りの雰囲気がいい。

お茶の「一保堂」、洋菓子の「村上開新堂」、寿司の「末廣」、バーなら「カルバドール」と

京都でも一流どころ、老舗どころが集まる上質なエリア。

観光客にも全然荒らされてない。

「ブション(Le Bouchon)」も京都人が足繁く通う老舗フレンチの名店と言ったところ。

しかも、お値段もお手ごろなのがありがたい。

場所も、京都市役所のすぐ裏にあり、「ここから寺町通りの大人エリア、始まりますよ」

と言わんばかりの、場所に位置していてわかりやすい。

「ブション(Le Bouchon)」

平日のランチで訪問。

老若男女、地元に住む老夫婦からデートまで幅広い客層で格式張らず、居心地がいい。

女性も多いけど、男一人でも全然入りやすい。

ランチメニューは、主菜とサラダ、パンの1340円。

もう一つ、さらにデザートが着く1540円もあるが、さくさくっと食べたいので迷わずデザート抜き。

主菜は、日替わりの肉料理、魚料理、牛肩ロースのステーキ、牛肉の煮込み。

で、牛肩ロースをチョイス。

「ブション(Le Bouchon)」

まずはサラダとパン。パンはザッツフランスパン。

ま、普通っす。サラダのドレッシングなど気持ちのいい味。

「ブション(Le Bouchon)」

牛肩ロースステーキ。赤身肉のフレンチスタイル。

サシなど脂の旨味をありがたがる日本スタイルじゃないのがいい。

やっぱりステーキと言えばこっちだ。

よく、中はレア、わさびを添えて、お箸でいただく和牛高級店、なんてのがあるけど、

あれだと数切れでなんか飽きる。

こっちは口に入れるとトロけるー、なんてことは一切なく、グイグイに噛んでゴクリと飲み込む。

老舗らしい安心の味。

これはやっぱり夜も来たい。

 

ブション(Le Bouchon)

京都市中京区寺町二条榎木町71
075-211-5220
11:30〜14:30 17:30〜21:30
木曜休み

京都市中京区寺町二条榎木町71


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です