京都祇園で本格京料理がお安い隠れ家!「食たく かとう」





日本料理、和食の最高峰が味わえるエリア、京都・祇園。

若旦那衆が夜な夜な集まる場所だけに、もうとんでもなく高額な和食店がひしめき合っている。

そんな中で、「若いカップルが和食を手軽に味わえる」を目指すお店がある。

ありがたい。若いカップルじゃなくても笑。

祇園にして、なんと一人6000円のコース一本勝負!!

なんともストレートなメッセージがうれしい。

コレなら本格京料理、初挑戦の若いカップルでも行きやすいですね。

食たくかとう

場所は「祇園四条」駅から徒歩2分。駅からのアクセスも至便。

南座の裏手の細い路地の奥にあります。

この隠れ家感がまた気分を盛り上げます。

店内も純和風のいかにもな内装で京都気分を堪能できます。

6席のカウンターとテーブルが一つ。

ご主人一人でやるにはこのくらいが限界。

そうやって人件費を削って、こっちに還元してくれてるんだろうな。

食たくかとう1

牡蠣のおかき揚げ。季節によってもちろん内容は変わります。

サクサクとした食感とトロリとした牡蠣の身、不味いワケがない!

食たくかとう2

渡り蟹のしんじょう、聖護院かぶらのみぞれ仕立て。

聖護院かぶらってのが観光者にはうれしい。京の冬の味覚ですからね。

水菜と柚子も京料理の欠かせないお野菜。

野菜は京都で400年以上続く農家、樋口農園のもの。

なんと、店主は若いころ、樋口農園の手伝いをしていたこともあるそう。

ちなみに店主、京都の名店「杢兵衛」で修行されておりました。

なので腕前もしっかり正統派。

食たくかとう3

ヨコワ。関東では「メジマグロ」と呼びます。

要は若いクロマグロ。なんで関東と関西で呼び方違うんでしょうね。

「関東だとメジマグロって言うんですよ」って関西の人に言ったら、

「なんか美味しそうじゃないね」と言われた笑。

魚は三重、伊勢から天然物を仕入れているそうです。

さすが本格派、ぬかりなし。

ていうか、よくこの値段でやっていけるなー。

還元率半端ないです。

モチモチっとした食感と若い魚らしいさわやかな味わいがいい。

ただ醤油を使うんじゃなくて、塩昆布などで味付けするあたり、京料理ですねー。

食たくかとう4

カブのきのこあんかけ。

冬の野菜の味覚を堪能。これはコースとしてかなりヘルシーな構成だなー。

食たくかとう5

焼き魚。野菜と魚が組み合わせが多いです。

この後、土鍋で炊いたごはん、ごはんのお供に漬物など7種類ぐらいから選べます。

食たくかとう6

デザート。お豆腐にクルミ、柿が入っ和洋折衷な一品。

上品、というかやさしい味。

全体的に店主のやさしい人柄が出たコースでした。

まだ若く、物腰もめちゃくちゃソフトなので、京料理初、本格和食初、祇園初、な方は行きやすいでしょう。

隠れ家感もあるので、なんだか祇園通ぶりたい人もいいかもです笑。

 

食たく かとう
京都市東山区大和町15-2
075-561-5100
18:00~21:30LO、23:00閉店
日曜定休

京都市東山区大和町15-2


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です