京都で幻のカニ、「間人ガニ」を食べに行こう。その1 行き方編





冬の味覚の王様、カニ。京都は丹後半島には幻のカニ、と呼ばれる「間人ガニ」があります。

「間人」と書いて「タイザ」と読みます。

間人港の沖合から200〜300mのところでしか獲れないカニで、流通量が少なく、

その味はまた格別、と言うことで、憧れのカニです。

ちなみに「間人」の所以ですが、聖徳太子の母、間人皇后(はしうどこうごう)が、

蘇我氏と物部氏と対立を避け、この地に避難してきました。

のちに都に戻ることになり、地名として自分の名前「間人=はしうど」を贈ろうとしたら、

現地の人が「はしうど」と呼び捨てにするのは畏れ多い。

そこで「退座された間人皇后の地」ということで「たいざ」と呼ぶようになったそうです。

これは読むのムリ!笑

当然、変換で出てきません。

福知山9

というわけで、とある2月、カニシーズン真っ盛りに行きました。

向かうは間人港にほど近い「はしうど荘」。

ちゃっかり皇后の名前、使っちゃってますね笑。

ほかにも「昭恋館 よ志のや」「間人温泉 炭平」などの高級旅館でも食べられますが、

間人ガニだけでも1杯40000円の世界!

ここは宿のグレードは下げ、間人ガニ一本勝負で行きたいと思います。

その点、「はしうど荘」リーズナブルな宿なので一点集中できます。

間人カニ28

京都駅から「はしうど荘」への行き方は、「きのさき7号」に乗って1時間半、

福知山で「丹後あおまつ3号」に乗り換え、宮津で丹後鉄道に乗り換えて「網野駅」下車。

そこから宿に連絡しておけば送迎バスで20分。

そう、片道だけで5時間弱コース!! 超長旅です。

5時間あれば新幹線で東京⇄京都往復できますが笑。

もうローカル電車の旅を満喫する覚悟でいきましょう。

間人カニ27

実際、そうしました。

たまーにすれ違う電車を眺め、

間人カニ26

のどかな日本の田舎の風景を眺め、

たまに読書しながら。

間人カニ25

鉄道ファンなら垂涎のコースかもしれません。

ノスタルジックです。

間人カニ24

単線をゴトンゴトン。

坂道に入るとシャーっと滑るように滑走していきます。

間人カニ23

ゴーーッと勢いよくトンネル内を滑走。

もうすぐ網野駅。

期待も高まってきました。

福知山10

網野駅に到着!

なんとノムさんこと野村克也さんの生まれ故郷だったんですね。

ファンなのでうれしい驚き。

こんな田舎から立身出世したんですね。改めてすごいなー。

ご冥福をお祈りします。

 

 

87/3 Witthayu Rd, Lumphini, Pathum Wan District, Bangkok 10330


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です