町家作りの京都らしいカフェはランチも美味い!「火裏蓮花」




柳馬場通り姉小路上るにある「火裏蓮花」でランチ。京都市役所前駅から徒歩5分ぐらい。

烏丸通りから一本入って、黒澤明の定宿として知られる旅館「石原」の脇の路地を入ります。

火裏蓮花小路

通りからは、看板がないので初めての場合は、ちょっと勇気がいることでしょう。

が、この石畳と町家の間の細い道の奥ってのが、なんとも京都らしくてテンション上がる。

細い小道の突き当たりの店は期待を裏切らない町家作り。

火裏蓮花店内

店内は、都会の疲れを絶賛癒し中といったテイの女子多し。つまり静かです。

おのおのお一人様で、手に手に自分の今読み途中の本を持っています。

あ、もちろん、談笑中の人もいますが。

靴を脱いで上がるのかと思いきや、そのままでいいそう。アブねー。

火裏蓮花テーブル

それにしても「火裏蓮花」とはおよそオシャレカフェには似つかわしくないネーミング。

たしか、蓮の花は火の中にあってもしばらく燃えず花を咲かせることから、

業火のような苦しい状況でも美しく咲き誇ってやる、的な逆況でもめげない!的な意味だったような。

なんでこんなアツい名前にしたんだろう。

火裏蓮花ランチ

ランチはピラフのみ。といってもこのプラフが曲者。オーナーがバイトしてた、

「チルチル」という店のメニューだそうですが、いわゆるピラフとは似て非なるもの。

ピラフというか、ハヤシライス、まはたデミグラスソースをかけたバターライス。

全然ピラフじゃないじゃん! さらにこれがハンパなく熱い! 下手をすると舌を火傷する。

もしかしてここが店名の由来なのか、と思うほど。

が、これがウマい! 素材がいいものなのか、料理が上手なのか、思った以上にウマい。

ゴロ、ゴロっと乗ったチキンもいい味。

超熱いのでハフハフ言いながら、けっこうガツガツ食べてしまう。

火裏蓮花アイスコーヒー

量もけっこうあり、ランチはコーヒーか紅茶、さらにスイーツも付いて満足です。

ランチで来たけどスイーツも相当評判がいいらしい。

やっぱり完全に女子向けな店ですなー。

 

火裏蓮花(カリレンゲ)
京都府
京都市中京区柳馬場通姉小路上ル柳八幡町74-4
075-213-4485
11:30~18:00 (L.O.17:00)
金曜定休

京都府京都市中京区柳馬場通姉小路上ル柳八幡町74ー4


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です