子供連れの京都で重宝、オオサンショウウオが異常なほどいる!「京都水族館」





京都駅から徒歩だと15分ぐらい。丹波口駅からは徒歩6分ぐらいかな。

下京区の梅小路公園の敷地内にあり、京都鉄道博物館も隣接する便利なエリア。

クルマで行く場合の駐車場はこちらのサイトがおすすめ。

http://kyoto-ryo.com/parking/map/

値段と近さが一目瞭然。いいサイトです。

2012年に開業と、比較的新しくきれいでいい。

子供連れで雨の日、暑すぎる日、寒すぎる日、風強すぎる日にとても重宝するスポット。

一気にあちこち行きたくなるが、京都水族館だけでも十分、丸一日楽しめる。

京都水族館113

特に目玉なのがオオサンショウウオ!

確か天然記念物だよね? なのになんでこんなにいるの?ってぐらいいる。

ざっと見、30匹ぐらい? 全長1m強のオオサンショウウオが水槽の中にひしめいてます。

もはや天然記念物のありがたみ全然なし。

京都水族館22

食べると山椒の風味がすると言われることから山椒魚って話です。

このオオサンショウウオの大群を見るだけでも来館する価値あり。

なかなかお目にかかれないオオサンショウウオを目一杯愛でてください。

京都近辺の川の生態を見られるエリアも。日本の川に住む魚たちを見ると安心するね。

京都水族館11111

続いてアシカゾーン。こちらはしょーもあったりで楽しいエリア。

京都水族館111

スイーっと水中を泳ぐ姿は涼しげ。

京都水族館19

筒状の水槽をのぼってきて、ここで一息つくアシカ。空気っておいしーって感じ。

京都水族館18

上からも見られる。うーん水族館の動物、魚、に変身しなければならないとしたら断然アシカだな。

敷地も広いし居心地良さそう。

京都水族館17

とんでもない場所で寝ているアシカ。かなり寝相悪い。

京都水族館16

所変わってこっちは暗めの照明がいい感じの水槽。うーんずっと眺めていられる。

京都水族館12

自分も海の中にいるような涼しい気分。残暑には最適なスポットだー。

京都水族館39303

水槽の前にいたスタッフさんが「エサをあげて来ますねー」と言って1分ほどで水槽の中へ。

クリスチャンラッセンっぽい雰囲気に。

京都水族館456

続いてペンギンゾーン。ペンギン、いろんな種類がいるなー。

昔、ある探検家がいままで見たペンギンの中で一番大きなペンギンを「キングペンギン」と名付けた。

が、それより大きいペンギンを見つけたため、そっちを「皇帝ペンギン」と名付けたそうな。

ペンギンのネーミング、安直。

京都水族館16

はい、ペンギンエリア。目を瞑って「クーっ」って感じから、

京都水族館15

キッとこちらを見るペンギン。

シカっと仁王立ちするペンギンも。ペンギンって何考えてるかわからん。

京都水族館13

こっちも何も考えていなそうな、何か達観した僧侶のような佇まいのような。

それでもやっぱり何も考えてないんだろうなー。

京都水族館11

甲殻類コーナー。カブトガニ。白いな。もっと茶色じゃなかった?

京都水族館0

アンモナイト。図鑑っぽいねー。子供の教材として完璧だ。

京都水族館4

トランスフォーマーみたいなカニ。この後クルマに変身しそうだ。

京都水族館9

こちらは南の国の海だなー。魚の色がきれい。

京都水族館8

出たーークラゲーー。これ見てるの好きだ。ほんわかする。頭の中がゆるまッていくー。

京都水族館5

これがぐるぐる水流に流されてまわってる。家にほしい。

けどそんなに家大きくないので水族館に来る醍醐味の一つです。

京都水族館1

で、最後はやっぱりオオサンショウウオ。家にあれば枕にしてゴロンとしちゃうだろうなー。

 

京都水族館

〒600-8835 京都府京都市下京区観喜寺町35−1
京都府京都市下京区観喜寺町35−1


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です