京都、銀座、石垣島にしかないチョコレートのお店「カカオ マーケット バイ マリベル」





ニューヨークのSOHOにあるチョコレートのお店「マリベル」。

日本の支店は京都だけ、というこだわりのブランドが出店するカジュアルライン、

それが「カカオ マーケット バイ マリベル」。

祇園四条駅からすぐ、徒歩3分ぐらいの鴨川沿いにあるのですぐわかる。

マリベルさんが地元のホンジュラスでカカオの栽培から始め、NYに直輸入。

さらにアートにまで高めた見た目の美しさ。

と、書いてるだけでとんでもないこだわりとおしゃれ加減が伝わってくる。

カカオ マーケット バイ マリベル33

外観は「ディズニーランド」にありそうだなー的な店構え。いきなり異世界感あります。

カカオ マーケット バイ マリベル11

店内はやっぱり! それ見たことか! 女子でごった返しております。

場違い感ハンパないですが、ファミリーで堂々とチョコを物色します。

カカオ マーケット バイ マリベル11

「カカオ マーケット バイ マリベル」では、チョコレートボールの量り売りが店の代名詞。

が、この量り売りシステム。子供連れでは大惨事に。

子供が、当たり前のように機械をいじって、チョコレートボールがボロボロボローーー!!

すぐに気づいて、止めましたが、1000円分ぐらい買うハメに。

お子様連れのマダムは気をつけてください。

カカオ マーケット バイ マリベル55

店内はまさにチョコレートのアミューズメントパーク。

いろいろな姿形をしたチョコに出会えます。

アイスだったり、ケーキだったり、板チョコだったり、まー好きな人は好きでしょう。

あと、ブリックというチョコレートのお菓子のレンガみたいな塊がおもしろい。

これはバリバリ食べてみたい。

カカオ マーケット バイ マリベル333

こちらも量り売り。ラズベリー&ホワイトなど、練乳のようなヤツがかかったチョコレート。

なるほど、カカオマーケットって言うだけあって、チョコレートの市場のような雰囲気。

カカオ マーケット バイ マリベル2222

これはピローと言うだそうです。知らんわー。

まー確かに絵になるね。ニューヨークっぽい。かなり知識のない感想ですみません。

カカオ マーケット バイ マリベル333333

こっちはカンノーロって言うんだそう。

なんだかお菓子の国に来たみたいだ。

個人的にはラズベリーとチョコを合わせたものが美味しかった。

甘いものがそんなに好きでもない成人男性でも一口食べれば、

「ぬ! これはちゃんとしたお菓子だぞ!」

ぐらいはすぐわかるクオリティ。

ちょっと覗くだけでも楽しいし、いいんじゃないですかね。

 

 カカオ マーケット バイ マリベル
〒605-0079 京都府京都市 東山区常盤町165-2
075-533-7311
京都府京都市東山区常盤町165-2


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です