京都の地鶏を隣の錦市場から朝仕入れる新鮮さ「京のじどり屋 晃」




京都は御幸町通り錦小路上ルにある「京のじどり屋 晃」。

新鮮な京都地鶏がこの店のウリ。

店から10mで”京都の台所”錦市場があり、そこで朝引きの地鶏を仕入れるから新鮮、というわけ。

牛や豚なんかは熟成肉が流行ってるけど、鶏肉は鮮度が命ですからね。

ちなみに朝引きというのは、その日の朝に処理すること。

朝取れ野菜みたいなもんですね。

この店が、京都の地鶏で扱っているのは、「京赤地鶏」「丹波黒どり」「大原地鶏」の3種。

「京赤地鶏」は京都で地鶏と言ったら、まずこの名前が思い出されるほどメジャーな地鶏。

「丹波黒どり」は京都の亀岡のほうらしいけど、あまり聞いたことないな。

「大原地鶏」はあの大自然で育てられてるんなら美味しそうだなー。

晃

と、前置きが長くなりましたが、平日のランチで来訪。

まだできて数年なので、店構えが新しい。

茶室っぽい黄土色の佇まいが京都風味。

と、行こうと思って来たわけじゃなく、なんとなくランチどっかないかなーとブラブラしてたら、

店員に声かけられてそのまま入ってしまった。

京のじどり屋 晃3

店内、あれ、人いないなー。大丈夫かな。

静かで(そりゃそうか)、木のぬくもりが感じられる落ち着く空間。

京のじどり屋 晃2

ランチの「若どり網焼き」900円を注文。

お、かなり焦げてる笑。が、この焦げ味は意外と悪くない。

なのだが。とにかく量が少ない。。

そして、肉の一つ一つが小さい。。肉片一つがサイコロ二個分ぐらいの大きさ。

鶏肉を夜の串ように切っていって、余った端っこ肉なんじゃないだろうか。。

よく、牛肉でサイコロステーキって言うけど、こんなリアルにサイコロを再現しなくても。。

焦げが野性味あって悪くないんだけどね。。

うーん夜は京野菜なんかも積極的に使ってるらしいし、いい店なのかもしれないけど、

ランチはちょっとコスパ悪すぎるかな。。

 

「京のじどり屋 晃」

京都府京都市中京区御幸町通錦小路上ル船屋町398

050-5592-1784

12:00~14:30(L.O14:00)
17:00~23:00(L.O22:30)
土日祝
12:00~15:00(L.O14:30)
17:00~23:00(L.O22:30)

日曜営業

京都市中京区御幸町通錦小路上ル船屋町398


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です