名代「柚子ラーメン」に「あんかけカレー丼」、京都「英多朗」の個性派メニューが楽しい!





京都の烏丸駅、四条駅から徒歩4分のところにある「英多朗」。

もともとは京都にありながら、コシのあるバリバリの讃岐スタイルのうどん屋さん。

が、ラーメン好きが高じてラーメンも出すようになるなど、常に貪欲に新メニューを開発しているお店。

英多朗

店の前にはとにかくメニューがビタビタ書いてあります。

あんまり期待できない感じの店構え。が、これが美味いんだから不思議。

錦市場入り口のちょい手前にあります。

英多朗6

店内もテレビ、雑誌で紹介された記事がベタベタ貼ってある笑。

こういうセンスの店、あんまり好きになれないんだが、これが美味いんだからしょうがない。

特にお店の代名詞と言えるメニューが「柚子ラーメン」。

ほかに「カレーなんば」、「レモンラーメン」などがあって、

これまたたくさんのメニューが店中に貼られていて、迷うことこの上なし。

いろいろと考えつつ、ベストメニューと思われるのが、

英多朗4

「柚子ラーメン」と「カレー丼」をセットに!

これがおそらく、初めてこの店に来る人が頼むべきベストの組み合わせでしょう。

この店の名物をうまいこと取り込んでいるかと。

「柚子ラーメン」「カレー」「うどん」がこの店の名物スリートップ。

そう、うどんを今回、泣く泣くあきらめたってことです。

ラーメンとうどんを同時にはやっぱり食えない。。。

英多朗2

「柚子ラーメン」。

鶏がらスープを基本に、本鰹、煮干しなどの魚介系の出汁を加え旨味充実。

京都ラーメンらしく背脂を浮かべ、そこに柚子の風味が爽やかな後味を残す。

出汁、柚子といった昔からの京都らしさに、背脂というもう一つの京都らしさが合体。

いや、ほんと意外に合う。ありそうでなかったラーメン。これは美味しい。

英多朗1

カレー丼。

誰もが思うであろう「カレーライスと何が違うの?」という疑問。

見てわかる通り、まずライスが見えない笑。

そして最大の違いは「あんかけカレー」になっていること。

これは完全に京都の名物、あんかけうどんから来てますねー。

カレーにあんをかけるなんて!

が、これがまた、意外に合う。いや、考えてみると確かにいかにも合いそうなんだけど。

ありそうでなかったメニューその2です。

下の方にあるライスをすくって食べます。

カレーライスのザラッとしたとろみとは違って、もろやかで上品。

でも味はいかにも蕎麦屋のダシの効いたカレー。

これは確かにアリだなー。

ん? そう言えば京都のカレーうどんの有名店「日の出うどん」も、あんかけっぽかったなー。

ちょっとアイデア拝借したかもですね。

あっちはよりスパイシーでしたが、こっちはちょっとまろやかかな。

と、ありそうでなかったメニュー、2つとも全然美味しい。

これはまだまだメニュー開発していきそうなお店です。

 

英多朗
京都府京都市中京区錦烏丸東入ル元法然寺町683
075-211-2239

京都府京都市中京区錦烏丸東入ル元法然寺町683


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です