【化野念仏寺】8000体の石仏が圧巻過ぎる異世界!





京都、嵯峨嵐山は日本有数の観光地。いつも観光客でごった返してます。

が、嵐山周辺こそ、人がたくさんいますが、ちょっと外れて行くと、

そこはもう時代劇ばりに日本の昔の景色をとどめています。

京福電鉄の嵐山駅から徒歩30分くらい、観光客もだいぶいなくなって、

山の麗に沿って歩いていったところにあるのが「化野念仏寺」。

さて、京都で「野」がつく場所は基本的には昔は風葬していた場所。

なので、「嵯峨野」「鳥野辺」はもちろんそういう場所です。

「化野」も言わずもがな。さらに「化」には、「生が転じる」という意味なので、

「お化け」ということになるわけです。

化野念仏寺1

というわけで、若干ビビリながら向かった「化野念仏寺」。

さらにいえばこのお寺の見どころは8000体の石仏!!

化野に散在していた無縁仏を掘り出して集めたそうです。

化野念仏寺7

境内は静かでなんとも神秘的。

苔むした境内には、石仏でできた釈迦三尊像など、都の煌びやかさとは無縁の世界。

化野念仏寺

お寺の起こりは空海が野ざらしになっていた遺骨を埋葬したこと。

その後、法然が念仏道場を開いたことにより、現在の名前となりました。

空海、法然とビッグネームが関わってきますね。

化野念仏寺89

仏舎利でしょうか。

なんとなく「天空の城ラピュタ」を思い出させる。

化野念仏寺56

きれいな境内ですが、夜は怖いんだろうなー。

ここで肝試しとかしたら、ハンパなく雰囲気出るでしょうね。

化野念仏寺90

苔むした向こうに広がるのは8000体もの石仏。

中では写真を撮ることはできません。

化野念仏寺212

おわーこれはすごい光景だなー。「西の河原」と呼ばれてます。

石仏の一つ一つが人のように見えてきて、すごい群衆。

実際、石仏一つ一つが人間一人一人に死後作られたわけですし。

化野念仏寺78

石仏も多いけど、石塔もものすごい数。

ちなみに化野(あだしの)は、仏教用語ではかない、むなしい、という意味だそうです。

化野念仏寺34

8月の23日、24日には「千灯供養」が行われます。

石仏にろうそくが灯され、かなり幻想的な光景となります。

うーん不謹慎かも知れませんが、もはやイルミネーションのようだったりします。

 

化野念仏寺
京都府京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
075-861-2221

 

京都府京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です