京都、鴨川の床を手軽に楽しむなら「スコルピオーネ吉右」はおすすめできます。





京都の床はまさに夏の風物詩。鴨川沿いに居並ぶ町家はこぞって川にせり出した床を出します。

ちなみに、鴨川沿いは床(ゆか)、と読み、貴船だと川床(かわどこ)と読みます。

鴨川沿いは京都でも一等地。なので、ものすごい高いお店と、CP良いお店が玉石混淆。

そこでオススメなのが「スコルピオーネ吉右」。

鴨川がバッチリ見えるリバービュー。これは観光客も納得です。

京都の町家など風情な建物をおしゃれな店舗に変える際コーポレーションが運営するお店です。

京都の会社じゃないから苦労しただろうな笑。

スコルピオーネ吉右1

場所は河原町駅、祇園四条から南へ徒歩7、8分と言ったところ。

四条大橋から南へ、団栗橋のたもとにあります。

スコルピオーネ吉右

行ったのはまだ床の時期じゃないですが、ランチ2500円とちょうどいいお値段。

これなら安心なんじゃないでしょうか。

スコルピオーネ吉右12

外観は完全に町家なのに店内はバッチリイタリアン。このギャップがたまりません。

しかも目の前の木々は桜。お花見の季節もヤバイことになってそう。

スコルピオーネ吉右5

町家のテイストを残しながら家具は洋風という、京都のいま感がハンパないです。

当代京都の代表的なインテリアと言えるでしょう。

スコルピオーネ吉右2

眼下には鴨川がバッチリ。

実はわざわざ暑い床行くよりよっぽど居心地がいい。

スコルピオーネ吉右8

やっぱりクーラーの効いた部屋で冷たいカクテルの方がいいわ笑。

だんだんタイトルで書いた話とズレてきた笑。

もちろん5月〜9月は床をやってるので、その時期に来る方はぜひ。

が、もう一つ言うと、京都の夏、めちゃくちゃ暑いです。

正直言うと、床のオススメは9月だったりします。

スコルピオーネ吉右9

ランチスタート。まずはホワイトアスパラガスに生ハム。

ってことで時期は推して測るべし。てか春です。

あんまり意識してないけど、入った店で季節の食材が出てくるとうれしい。

続きましてパスタ。ボロネーゼ、フェットチーネ。

もっと食えるぞーー。

新牛蒡とウドのトマトソーススパゲティ。

牛蒡好きにはタマラナイ。

メインディッシその1。

鰆と春野菜のフリット。タップナードソース。

季節の食材を必ず入れ込んできます。

スコルピオーネ吉右7

メインディッシュその2。

黒毛和牛のビステッカ。筍のグリル。

イタリアンですが京都らしく必ず和の食材入れてきます。

スコルピオーネ吉右11

その3、ガリシア栗豚のボリート。新ジャガイモ。

北イタリアの郷土料理だそうです。

スコルピオーネ

ラストは当然ドルチェ。

爽やかな甘さ。

立地、景観、内装、味、値段の総合得点としていいと思う。

なんでしょう、やっちまった感がないと言うか。

ちゃんと観光気分を味わえるし。

東京でこんなとこあったら大人気間違いナシだなー。

 

スコルピオーネ吉右
京都府京都市下京区 西石垣通り四条下ル斉藤町 133-140-18
075-354-9517

【ランチ】
11:30 – 15:00(L.O.14:30)
【ディナー】
月~土 17:30 – 22:00(L.O.21:30)
日祝  17:30 – 21:30(L.O.21:00)

 

京都府京都市左京区下鴨南芝町41


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です