「新日吉神宮」京都に来たら申年生まれの人はぜひとも行ってほしい神社。





申年生まれの人にぜひとも参拝して欲しいのが京都の「新日吉神宮」。なぜか?

だいたいお察しがついてるかと思いますが、狛犬ならぬ狛申がいるからです笑。

ところでこの神社の名前、読めましたか?

「しんひよし神宮」と呼びたくなるのですが、正しくは「いまひえ神宮」です。これは無理!!

新日吉神宮

「新日吉神宮」への行き方は電車なら七条駅下車、徒歩30分以上!

バスなら市バス106で「東山七条」で降り、徒歩5分ほど。

新日吉神宮1

妙法院と智積院の間の道を登ってくる。

隣は京都女子中学校と高校。

新日吉神宮2

それにしてもこの神宮なんだか不思議。

まず、神宮と言うだけあって、天皇家とゆかりが深いです。

祀ってるのは後白河上皇。といってもそれは昭和に入ってから。

もともとは後白河上皇が院の鎮守社として建てたとのこと。

新日吉神宮7

境内はほとんど人がおりませぬ。

けっこう車止まってるんだけど、もはや月極駐車場なんじゃないかってくらい人がいません。

新日吉神宮4

うーん人いない。

新日吉神宮6

そうそう、狛申です。

なんか檻に入れられてる。

夜になると、狛申が動き出して人を化かす、といった物語でもあるのでしょうか。

それとも「遠州森の石松の墓」のようにギャンブラーが墓の石を勝手に削って勝負のお守りにしてしまう、

的な被害があるのでしょうか。

ちょっとわかりません。

新日吉神宮5

ちゃんと阿吽の呼吸のようです。

それにしても愛嬌があっていい顔です。

日吉神社系は猿を敬う傾向があるそうです。

新日吉神宮8

御神木のスダジイです。樹齢は800年〜1000年だそう。

 

新日吉神宮
京都市東山区妙法院前側町61-2
075-561-3769

 

京都市東山区妙法院前側町61-2


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です