京都祇園の舞妓さんも通う「おかる」のカレーうどんはやっぱり出汁が美味い。





京都のうどんは出汁が美味しい。当然カレーうどんだって出汁が美味い。

祇園で一番人気のカレーうどんは「おかる」のカレーうどん。

芸妓さん、舞妓さんが通う祇園食堂といったテイのあるうどん屋さんです。

おかる5

「おかる」への行き方は祇園四条駅から徒歩3分ほど。

祇園の中に溶け込み過ぎて特に人気店だとわかりません。

それだけに芸妓さん舞妓さんがお忍びで入りやすいんでしょう。

芸妓さん、舞妓さんが通いつめる祇園の隠れた名店、という触れ込みで期待して入ってみると、

自分が行った時はむしろ8割がた海外の人でした。どういうこと?笑

お値段も安いので海外のバックパッカーが多い。

おかる4

芸能人も多い。素朴な店なのになんだかにぎやかな店だなー。

おかる3

吉田鋼太郎、野村萬斎などなかなか錚々たるメンバー。

おかる2

一番人気は名物、チーズカレーうどん。

もはや祇園とは思えないほどジャンクです。

まーでも芸妓さん、舞妓さんがお忍びでくる理由なんでしょうね。

いつもいつも京和食に囲まれてると、こういうジャンクなものが食べたくなるんでしょう。

全体的にカレーだ、カツカレーだと和食の中でも濃いめのものばかり。

おかる1

結局、肉うどんを注文。だってチーズまで入れたら出汁の味わからんでしょ。

一口すする。あ、うまい。

全然高級感はないですが、もう庶民的で品があんまりよくなくて、普通の日本人である自分には最高。

ていうか子供が大好きな味でしょう。

大根のおでんのシブい味わい、フグの玄妙な美味さ、すっぽんの滋味溢れる美味さ、

そー言った類の味に「まずい!」とキッパリ言いそうなキッズたちが一番好きな味笑。

おかる

とろとろの汁に絡むとろとろのうどん、そしてとろとろの肉。

3つとろとろが絡み合って口の中に流れ込んできます。

こんだけジャンク要素だらけなのに、出汁はサバ、昆布、うるめ鰯をブレンドしたこだわりの一品。

急に京都らしさ出ましたね。

とろとろ3兄弟の中に突如、シャキシャキとまでは言わないが、シブシブ、くらいの食感の九条ネギがいいアクセント。

芸妓さん、舞妓さんがご贔屓にする理由がもう一つ。

こちらのお店、なんと午前2時過ぎまでやってます。

そりゃ贔屓にするわ。

 

おかる
京都府京都市東山区八坂新地富永町132
075-541-1001


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です