【法金剛寺】京都の紅葉の穴場を紹介しつつ質問! もみじと楓の違いは知ってますか?





京都の洛西、夏は「蓮の寺」として名高い「法金剛寺」は、紅葉の秋もまたオススメです。

京都の中心地からちょっと離れてるため、ほとんど拝観者もおらず、じっくり紅葉を鑑賞できます。

城南宮17

「法金剛寺」への行き方は、山陰本線の「花園駅」下車徒歩5分ほど。

クルマなら駐車場もあるのでラクです。

そんなに有名なお寺じゃないですが、本尊の阿弥陀如来は国宝です。

城南宮16

もみじも好きですが、実は地味に好きなのがツツジの紅葉。

法金剛寺のツツジはなかなか見応えあります。

城南宮1

宗派はちょっと珍しく律宗。

戒律を重んじ、それを実践しよう、という宗派です。

日本に持ち込んだのは急に有名人、鑑真です。

なので総本山は唐招提寺。

城南宮2

もともとは平安時代の貴族の山荘。

境内の庭園にある「青女の滝」は日本初の人工滝だそうです。

城南宮4

行ったのはとある年の11月30日。

この年は夏の暑さがけっこう長引き、紅葉の色づきも遅めでした。

が、さすがに11月30日はちょっと遅かったかな。

見ごろのピークは11月27日くらいだったでしょう。

城南宮5

夕方の16時ごろに拝観。

このあたりは西日のイメージが強い。

京都の西側でここより西に大きな建物もないので、ダイレクトに西日があたるエリアなんです。

城南宮6

というわけで西日がダイレクトに紅葉にあたり、燃えるような紅葉を楽しめます。

ちょっと洗練された都の紅葉というよりは、里山の紅葉といった趣が。

城南宮8

境内は大きな池がシンボル。

夏はここに蓮の花が咲き誇ることでしょう。

城南宮7

鴨が二羽、優雅に泳いでいました。

ほのぼのだなー。

城南宮12

お庭から建物へ。

だーれもいない。

誰もいなくてこれだけ広い境内を持つお寺ってちょっと怖い。

城南宮9

ちょっと来るの遅かったけど、きれいな落ち紅葉を見られたのはうれしい。

ところで、もみじと楓の違いって知ってますか?

分類上はどちらもほぼ同じ植物なんですが、便宜上、葉の切り込みが深いのがもみじ、浅いのが楓、とされています。

城南宮145

例えばイロハモミジはもみじ、カナダのマークみたいなのが楓です笑。

ま、なので京都はほぼもみじでしょう。

城南宮11

一人でサクサク落ちもみじの小道を歩く。

いやー詩的な時間です。

特に何も名文、名句は思いつきませんが笑。

城南宮13

このあたりはすぐ近くに妙心寺、ちょっと離れて仁和寺など有名観光地が多いので、

そのついでにひょいっとのぞくといいでしょう。

人気の大寺院で人にもまれた後、こちらに来るとホッとする紅葉散歩が楽しめます。

 

法金剛寺
京都府京都市右京区花園扇野町49
075-461-9428

 

 

京都府京都市西京区大原野小塩町481


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です