タダでも京都の桜、お花見満喫! 祇園、巽橋、とのその周辺の穴場について。





京都でお花見、まず外せないのが祇園巽橋、祇園白川あたりじゃないでしょうか。

桜が咲いてなくとも京都代表、みたいな景観、ここにさらに桜がプラスされるわけですから。

実際、ハズレなし、と言っていいお花見スポット。

しかも、お寺じゃないので拝観料はなし。これも観光コースに入れるのにありがたい理由。

祇園桜12

祗園、巽橋周辺。祇園四条駅から徒歩7、8分と駅から徒歩圏内なのもいい。

日本の桜を時代劇風に見るなら、ここほどわかりやすく具現化したところはないでしょう。

とはいえ、やっぱり朝方に行くのがオススメ。

昼間は観光客がたくさんです。

祇園桜6

朝方なら人の入らない、こんな写真も撮れます。

と言っても、けっこう交代交代で撮るんですけどね笑。

「あ、先どうぞ」みたいな目配せがあったりして、代わる代わる。

もちろん、橋の上でポーズを取って撮る人も多し。

祇園桜3

巽橋の向かいにある辰巳大明神。

この名所も桜の花が咲き誇っていい感じ。

祇園桜7

白川沿いの町家は料理屋や旅館が多い。

旅館の二階から見るお花見も風流でしょうね。

祇園桜9

歌川広重の浮世絵の構図にもなりそうなアングルで。

絵になるなー。

広重的にはお店の中で、町人たちが楽しそうにどんちゃん騒ぎしてそう。

祇園桜8

春爛漫。桜以外の花も咲き乱れております。

春は久しくどの花にも訪れます。

祇園桜11

川端通のほうに向かうとこちらは桜並木が。

これはこれで見もの。

祇園桜1

実は穴場的にオススメなのがこちらの通り。

巽橋のある白川筋から北に2ブロックほど行ったところの白川沿い。

こちらにくるとお店がないので、人も一気にまばら。

が、川のほとりに桜がかかっている姿が見事です。

祇園桜5

桜の季節の祗園。夜もライトアップしますが、やっぱりすがすがしい朝がオススメです。

枝垂桜が多い京都ですが、ここのはソメイヨシノが多め。

散った花びらが白川の川面に落ちて行く様もなかなか。

まずは外せない京都の桜、お花見スポットですね。

 

祗園巽橋
京都府京都市東山区祗園

京都府京都市東山区祗園


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です