京都一、旬なラーメン屋「極鶏」は本当に美味いのか?




いま京都で最も旬なラーメン屋と言っていいでしょう、「極鶏」に行ってきました。

このラーメンを食べたいがために全国からラーメン通たちが集まってくる、

スープがもはや濃すぎてカルボナーラ、

など数々の伝説エピソードがあるラーメン屋、嫌が応にも期待が膨らみます。

実は、以前、休日のお昼、12時前に行ったところ、

まさかの整理券が配られており、15時ごろの案内になると言われ、

「それはムリ」と断念した苦い経験が。。

 

IMG_7540

 

というわけで、今回は平日の昼間、しかも開店直後の11時40分に到着。

お店の前には8人、店内も8人ぐらい並んでいました。

回転率の高いラーメン屋、これならなんとかなるだろう、ということで、

並ぶこと20分強、まずまずの速さ。

 

IMG_7541

IMG_7544

店内はカウンター5席、テーブルが2〜3卓って感じ。

IMG_7552

 

ラーメンも5分もしないうちに出てくる。

やっと対面できたかぁ。と感動もヒトシオ。

が、第一印象は「器、小っちゃ。。。」。

サイズ的には博多の屋台ラーメンぐらいのサイズ。

あのさらっと食べる感じ。そっかー、小さいのかぁ。

 

トモアレ、ご対面。ドロッドロのスープ。

スープの液体感が少なすぎて、

麺と麺の間にスープが入って行かず、間が空洞になってます!

こりゃ確かに聞きしに勝るドロッドロ感ですな。

 

スープ飲む。あれ、これはあれだ、天下一品だ。天一のスープの味とベースが超似てる。

天一のより塩味ややうすいかな。でもドロッドロ感は天一どころじゃない。

 

塩味  = 天一の0.8掛け、

ドロみ = 天一の5倍

 

といったところか。

 

IMG_7553 煮卵も美味しい。

 

よく「極鶏」のレビューを見ると、「濃厚なのにさっぱり」とあるが、

これは、スープのドロみが濃厚と錯覚させ、塩の薄味がさっぱりと言わしめてる気が。。

スープのドロみは、煮すぎてジャガイモが豚汁の中に溶け込んだような感じ。

 

麺は最初、やや硬め。が、食べてると熱で、

段々いい感じにスープに馴染んでくる。

 

ただ、もちろん美味しい。だって天下一品好きだし。

メンマは歯ごたえもよく上質、チャーシューも肉厚でしっかり。

特に良かったのはネギ。ネギにかかった七味系のスパイスが秀逸、これ美味い!

「赤だく」という辛子系のメニューがあるけれど、それは美味いことでしょう。

 

というわけで、美味しいです。なんだけど、正直、一回で十分かなぁ。

スープが特徴的なのはわかるけど。

人の好みに依りますが、ここまで並ぶほどではない気がする。

普通に天一のほうがいいかなぁ。

 

満足度 ★★★★

 

極鶏

075-711-3133
京都府京都市左京区一乗寺西閉川原町29-7
11時30分~22時00分(通し営業)
※スープが無くなり次第営業終了
ランチ営業、日曜営業

京都府京都市左京区一乗寺西閉川原町29-7


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です