京都レトロな味わい!全長800mの京都最大の商店街【京都三条会商店街】





京都に意外と多い商店街。出町舛形商店街や伏見の方にもあったりしますが、

全長800mの「京都三条会商店街」はオススメ。

三条商店街、と言いつつも最寄り駅はJR「二条駅」、東西線「二条城前」。

どちらからも徒歩10分ぐらいです。

レトロでひなびた雰囲気でありながら、リノベーションしたカフェが混在してとにかく雰囲気がいい。

落ち着く。ゆったりできる。

近くには坂本龍馬ゆかりの「武信稲荷神社」もあったりで、散歩がてらにちょうどいい。

さっそくフラフラっと歩いてみましょう。

京都三条会商店街

ストーーンと先の方まで見える。人いないなー。

京都三条会商店街8

とある日曜日。かなりシャッターが降りてしまってますが、これがまたひなびてて味わい深い。

チョコレートで有名な「ダリK」も移転しちゃったしなー。

アーケードになっているので、雨の日でも楽しめる。

ゆったりプラプラできる、と言いましたが1点だけ注意点が。

通り過ぎる自転車のスピードがめちゃ早い!

なんでそんなに急いでるんだろう、と言うぐらい。

特に、小さい子供がいる方はこの点だけ注意してください。

京都三条会商店街10

「BAR BERムコザワ」。とにかくシブい。昭和感がハンパない。

もはや映画のセットのよう。パンチパーマ、スポーツ刈りとか得意そう。

ムコザワってどんな字なんだろう。

京都三条会商店街7

定食屋「タマヤ」。郷愁を感じる店構え。

食べ物屋さんなのに「マル玉」って書くトレードマークもかっこいい。

タイルの使い方もマブイ。

京都三条会商店街6

かと思えばこんなおしゃれなお店も点在する。

メニュー構成を見ると「麻婆豆腐定食」から「ガトーショコラ」まで幅広い。

昔からあった定食屋さんのメニューに、息子さんの代「これからはカフェだよ、親父!」って

説得され、リノベーションしたのかな。

そんな妄想ドラマが次々に浮かんでくるのが京都三条会商店街を歩く楽しみ。

京都三条会商店街4

てくてく歩いてると、強気な看板が!

「京都で一番安い弁当250円」

これはマジで安い。ボリュームも味も量も種類も大・大満足!!

ってもう思いつく言葉全部並べたんじゃないかってぐらい。これは気になる。

京都三条会商店街5

夕方近くだったので、もうだいぶ売れてしまったようです。

確かにこれが250円て安いわ。もはや東南アジア旅行のランチ代クラス。

三食食べても1日750円で食事が済むってすごい。

京都三条会商店街9

昔ながらのお菓子のお店もある。色とりどりのお菓子は見てるだけでも楽しい。

京都三条会商店街1

世界でも珍しいと思われる傘の専門店。

その名も「ピチ&チャプ ニシカワ」。店主は相当雨が好きなんだろーなー。

傘一本でいく、強気の姿勢に感服です。

「いい傘ならいっぱいある!」という自信満々の看板も豪気。

京都三条会商店街3

八百屋さんもあります。京都らしく「山城産たけのこ」が300円ぐらい!安っ!!

京都三条会商店街のいいところ、とにかく安い。

京都三条会商店街2

京都三条会商店街で忘れちゃならないのが「京都肉 ミートショップ ヒロ」。

この日も当然、一番の人だかり。

京都で肉屋と言えばここです。京都中に「焼肉 弘」も展開している京都三条会商店街イチの売れっ子です。

本店のこちらに来たらビーフコロッケは必食。

京都三条会商店街11

「靴修理 凛靴」。そう、さっきの傘屋といい、京都三条会商店街は専門店が多い。

こちらのお店も、烏丸御池に支店を持つ靴修理専門店。

専門店ってお任せできるって言うか、圧倒的な知識、技術があって信用できるからいいですよね。

京都三条会商店街13

店内、奥で修理に勤しむご主人、そして美しい靴の手入れ関連の商品。

こだわりがすごい。

京都三条会商店街15

これだけ厳選してくれてるなら大丈夫だろう、革靴のクリームとブラシを購入。

プロが選んだ本当にいいものだけを置いてます、的な感じが信頼できる。

 

雨の日に外行きたい、ブラブラしたい、なんて時にこの商店街はオススメです。

商店街だけあって、日常品に関する店が多く、しかも専門店が多いので、

あーそう言えば、これ欲しかったんだ、なんて感覚を味わえます。

ちょいちょいおしゃれカフェが増えて来ているので、行くたびに発見がありそうです。

これはまた来てしまいそうです。

 

京都三条会商店街
京都府京都市 中京区今新在家西町1-1

京都府京都市中京区今新在家西町1-1


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です