【貴久政】京都、祇園で本格板前割烹なのに2000円ランチ。まさに隠れ家です。





京都は祇園、日本一の和食の街と言っても過言ではないこのエリアで、破格の2000円和食ランチを提供する「貴久政」。

祇園と言っても行ったらギリギリ祇園、祇園の外れ、というわけではなく、祇園の超ど真ん中!

これは完全に利益上げる気ゼロです笑。

祇園四条駅から徒歩5分、祇園で有名な白川通りから一本入ったところです。

夜がメインで、実はランチは特にお店の前に看板を出すわけでもなく、完全に常連さんがお昼に来た時も受けますよーくらい

でやってる感じです。これは常連じゃなくてもありがたい。

ほとんどガイドブックにも載ってない、完全に穴場ランチです。

雑居ビルのちょっと奥まったところに玄関。

値段も書いてないし、これは観光客は入りづらい。。

というか京都人でも知らなかったらなかなか入らないでしょうね。

店内入ると、店員さんとお客さんが楽しそうに談笑してます。

あーやっぱり知る人ぞ知る、常連さんの店なんだなー、ちょっといづらいかな?と思っていたら、

全然初めての客にも超フレンドリーに話しかけてくれる。

予約の電話の時、「小学生の子供も大丈夫でしょうか」と尋ねたところ、

「全然だいじょうぶですよー」と言っていた意味がわかった。全然格式張ってない。

でもきれいに並べられたお皿、使い込まれた年季を感じさせつつ磨き上げられた料理道具など、

本格的な割烹料理を出す雰囲気はムンムンです。

カウンターが10人ほど、奥に座敷もあります。

さてランチ。山芋と白和えの小鉢。

なるほどこれはお酒がほしくなる。夜、にぎやかだろうなー。

隣の常連はお昼からお酒飲んでるわ笑。

別段派手な料理じゃないですが丁寧な仕事を感じさせます。

お造り。このあたりからなんだか夜の飲み屋に来た気分に。

お酒欲しいなー。

炊き合わせ。甘くやわらかく炊かれた根菜類はいかにも京都の料亭風の味付け。

ちょっと量少ないけど。

全然観光客向けの派手さ、料理の装飾がなく、完全にこの店の常連さんに向け、

「昼から軽く飲みたいから昼の開けてくれへんかなー」と言われて始めたランチ、って感じです笑。

それもまた祇園の奥深い一面を垣間見た気がして楽しい。

そして特筆すべきはこの出汁巻玉子!!

これはすごいね、この固体の中にどんだけ水分含んでたんだよ!と思うくらい、

箸をスッと入れるとドバーーっと出汁が溢れる。

ハンバーグの名店で切ると肉汁が流れるように。

出汁の含有量がすごい。これは美味しかった。

最後はちりめん山椒、白味噌のお味噌汁と京都らしくごはん。

さっぱりしてていいね。

デザートも出ます。

それほど高価な食材を使ってるわけではないので、ゴージャスでおトク!って感じではないですが、

一つ一つちゃんとした素材、ちゃんとした腕で勝負って感じで満足です。

出ないと祇園でこの値段はムリでしょう。雰囲気や腕で十分お値打ちでしょう。

店主は夜も来て、でないと原価割れです、と言いたいんだろうなーと思ってしまうランチです笑。

 

貴久政
京都府京都市東山区八坂新地末吉町78
075-525-2869

 

 

京都市東山区八坂新地末吉町78


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です