【城南宮】京都観光の穴場!見どころ多しの庭がいとをかし。でも人いません笑。





京都の南を守る城南宮。神社、じゃなく宮となっているだけあって、天皇家とゆかりのある社です。

春は桜、秋は紅葉、曲水の宴など一年中何かしらイベントがある華やかな場所です。

そんな城南宮を案内していきましょう。

城南宮

行き方は車がベスト笑。駐車場が広いです。

車がない、という方は京都駅からバス「京都らくなんエクスプレス」で平日なら「油小路城南宮」下車徒歩10分。

土日なら「城南宮前」下車徒歩5分です。

幕末の鳥羽伏見の戦いはこの辺りで始まりました。

城南宮1

まず、祀ってる神様がすごかった。

城南宮が祀っている神は国之常立神、八千矛神、神功皇后の三柱。

ちなみに神様は柱で数えます。「鬼滅の刃」の柱はここから来てるんでしょうね。

で、八千矛神は大国主命の別名。大国主命は国譲りや因幡の白兎で有名です。

神功皇后は熊襲征伐や朝鮮にも渡って戦った皇后です。

南を守るだけあって、強そうな神ばっかりです。

そして国之常立神。伊勢神宮の天照大神のお父さん、お母さん、イザナギとイザナミを含む、

神代七代の最初の神さまです。日本最初の神セブンです笑。

城南宮2

と、お勉強はそこそこにして観光です。

城南宮の見どころはなんといってもお庭です。

京都の庭で有名なのはほとんどがお寺。禅宗の哲学を感じさせる枯山水がどうしても有名ですが、

実は神社系の庭も悪くない。なんというか、おおらか。

桜、紅葉、桃、杜若、山茶花、などなどなんでも植えちゃう節操のなさが、逆に日本人らしくていい!

城南宮3

こちらは桜。行ったのは10月。そりゃー咲いてません。

春はきれいなんでしょう。

城南宮4

竹林もあります。

なんだか日本式のアトラクションのように歩いてると、次々に草木の種類が変わります。

城南宮7

細い小道を抜けると、パカーンと開けた場所に。

いい構成だなー。

城南宮8

平安貴族的な世界観。

お寺と違って、枯れてない山水。

城南宮6

春と秋に曲水の宴も催される。

優雅ですねー。

城南宮13

苔が一面広がるエリアも。

場面がどんどん変わっていって楽しい庭。

城南宮15

打って変わって芝生の庭も。

本当に節操がない笑。

城南宮17

庭を見ながら純和風建築の中からお抹茶もいただけます。

和風ながらちょっと現代風の庭でもあります。

城南宮18

こんもりした木陰がまた気持ちいい。

人もいないしいいねー。

城南宮19

錦鯉もたくさん。

ここの錦鯉はもはや錦鯉界のセレブだなー。

城南宮21

枯山水もあります。森の中の池のような見立てなのかな。

城南宮22

結構な広さなのにほとんど人がいない笑。

穴場です。

京都駅から南ってなかなか行きませんからね。

人混みがキライ、ゆっくり観光したい人にはベストなスポットです。

 

城南宮
京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地
075-623-0846

 

 


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です