京都で一番好きな親子丼「ひさご」は丼の底の隠し味がいい。





京都人は鶏肉が好き。そして当然、親子丼が好き。

なので、親子丼が名物のお店もたくさんあります。

あちこち食べてきましたが、個人的ベスト3をあげると、

 

第3位 「とり安」

烏丸御池にあり、行列が嫌いな京都人でも並んでしまう鶏肉の店。

玉子のふわふわ感がいい。唐揚げ丼も人気。

 

第2位  「とり新」

祇園白川の老舗鳥すき屋の親子丼。

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」にも登場し、

坂本龍馬が暗殺される直前に鶏肉を買いに行かせた店と言われる。

 

そして、個人的京都の親子丼ランキング第1位は。。。

第1位  「ひさご」ですっ!!

ここのがやっぱり一番好きだなー。

実は、出会いがよかった。

まだ東京で働いていたころ、京都出張にきた時のこと。

仕事も終わり、帰りの新幹線までちょっと時間があったところ、先輩が、

「あそこの親子丼食って帰ろう」と、タクシーに飛び乗って向かったのが「ひさご」でした。

玉子のとろっとろでふわっふわの衝撃。

特に確認し合ったわけでもないけど、お互い気づいていた先輩と自分の共通する食の好みが、

「噛まなくても口の中でとろけるもの」だったので、先輩も、

「コイツなら絶対美味いっていうだろうな」と思ってたんでしょうね。

まードンズバでした笑。

その当時は、京都の親子丼は山椒で食べるのかーってのもカルチャーショックを受けたなー。

いまや絶対、山椒だけど笑。七味はちょっと風味が合ってないでしょ。

ひさご1

と、昔話が長くなってしまいましたが、再びこの地にやってきたわけです。

場所は高台寺のすぐ近く、東大路通りの東山安井の交差点と石堀小路の間。

祇園四条からだと徒歩10分。

1930年創業の老舗の蕎麦屋さんです。

休日のランチで来訪。やっぱり人気店ですね。20分ほど待ちました。

ひさご

混雑してるけど、中に入ってしまえば案外ゆっくりできる。

そんなに店内広いわけじゃないですけど、なんかお店の雰囲気というか、ゆっくりできる。

店員さんもテキパキしてるけど、明るく居心地のいい雰囲気を作ってくれてます。

親子丼が有名だけど、蕎麦も美味そうなんだよなー。

衣笠丼だって美味しそう。なんだけど、なんだけどさー、ここに来たら頼んじゃうでしょう!

ひさご2

この極上の親子丼(1010円)をっ!!!

ふわトロの極地です。たどり着いちゃいましたね、まったくもう。

京都ならではの旨味がほとばしる出汁(若干甘め)、

丹波地鶏の肉らしい濃い味わい、

九条ネギのシャキシャキした食感とさわやかな風味、

そこにふわふわの玉子と半熟の玉子、さらにほぼ生玉子の3段階の食感の玉子。

ここに山椒の京都らしい香りが合流して、嗅覚も刺激する。

これは並んだ甲斐、全然ある!

やっぱり京都の親子丼は、ここが一番好きだな。

さらに、丼の底のほうには柚子が忍ばせてあって、うれしい驚き!

さわやかな後味を引き出してくれる。

美味い。また近いうち来よう。

 

ひさご
京都府京都市東山区下河原町484
075-561-2109
11:30~19:30(L.O 19:15)
月曜定休

京都府京都市東山区下河原町484


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です